ブログのご紹介をご覧下さいませ。

※ブログ内の文書、画像については、管理人に著作権があります。無断転載は禁止します。">
2016/08/14

【更新】『山間の城の物語』第四章5話

『山間の城の物語』第四章5話を更新しました。

「蠍」
(最新話にリンクしています)
※18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください

本当に申し訳ございません。
随分間が空いてしまいました…。
しかも超絶見せ場のない、泣けるほど地味なお話で恐縮です。

サイトの活動報告にも書かせていただきましたが、単純に執筆する時間がとれなかったためで、モチベーションが落ちたとかではないのです。
今までは睡眠時間削って執筆にあててたんですが、それができなくなったということなんですけどね~。

あと異動するハメになり、全然違う方面の知識たくわえなきゃいけなくなったり…。
しかし、伸び盛りの部署に異動になったために、おかげでリストラの一撃をかわせたりしました。
元の部署にいたら、多分もう首が飛んでいたでしょう。
だって私より仕事できて経験もある先輩が…(涙)

ここ2年くらいは自炊もして健康的な生活を送り、2キロ痩せたんですが、最近飲み会続きで3キロ太ってしまいました。意味ねー。
あんまり会社の飲み会は積極的に行くほうじゃないんですが、やっぱりねえ…行っておかないと…送別会は…。

あちこちの支店が閉鎖されて、スタッフがしめやかに解雇されたり…。
プロジェクトが頓挫したその翌日に責任者が解雇通知もらったり…。
IT担当部署が外注となり、配属スタッフが全員解雇となったり…。

フジヤマの部署も昨年は業績がどかーんと伸びて、青春を謳歌していました。
しかし支社が閉鎖されたことによって、業績が悪化。
聖域と言われていた部署もついに契約・派遣社員切りが始まりました。
まあ正社員の首切り…というか、内勤業務の外注(=内勤スタッフ解雇)も時間の問題でしょう~。

この状態、数年前から続いています。
まあ言ってみれば首切り台の上に首のっけて、他の人が斬首されているのを横目で見ながら「あー、次あたり自分かな~」とか思っているようなもんで。
それが数年続いてるって、精神的にいいわけないです。
もういっそ首落として…。
そしたら失業保険もらって、小説の更新できるしー。(就活は?)

そんなわけで転職活動するためにもPC環境を整えたおかげで、少しずつ小説を執筆する時間も取れるようになりました。
とはいえ、以前みたいにまとまった時間はとれないので、更新のスピードは遅いのですが…。


こんな小説、もう誰も読んでないだろうな~。投稿サイトには「今後、更新されない可能性が極めて高いです」とかいうメッセージが出ちゃってるし。ひとの気も知らずに、この腐れ自動メッセージめ、マジで首絞めるぞテメー。

…なんて荒れているときにひょっこりコメントをいただくこともあって、涙が出るほど嬉しかったです。
自分のために書いているのですが、読んでいただいている方のコメントや拍手にとても励まされてきました。
お礼が遅くなりまして、誠に申し訳ございません。

以下、投稿サイトにいただいた拍手コメントのお礼です。
2年ごしなので、年号ついてます…本当にすみません。><。。。

↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

続きを読む

2014/01/20

【更新】『山間の城の物語』第四章4話

『山間の城の物語』第四章4話を更新しました。

タイトル:「ガブリエル日記」

嘘です、すみません。

「理性と感情 愛と欲望」
(最新話にリンクしています)
※18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください 

毎回毎回「今後、次話投稿されない可能性が極めて高いです。」とか出るたびに「オメーに何がわかるんだよう…」と自動メッセージに殺意すら抱いてしまいます。

会社が吸収合併されたのですが、一気にブラック企業化が加速しました。
人は減る、給料は増えない、仕事は増えて売り上げは上がらない。
ランチの時間はどこでもかしこでも不満と愚痴ばかりです。あと転職情報。
ほんとにこの会社やばいと思いました。

ここ一年で優秀な社員さんが何人も消えていきました。
何故かそうでない人は残ってるんですよね。(あ、私もです><)
単純に待遇と環境が悪いから、ここでしか働けないような人が残ってるだけのような。
それってマネージメント的にどうなんだよ、ええ、エリートの経営陣さんよう。

危機感と共に勉強も進めていますが、試験はまた落ちるし(泣)

それから以前より体調にも気をつけています。
やはり睡眠とそこそこの食事は取らないとダメですね~。
夕食が残業しながら豆乳+カロリーメイトとかいう生活では、もう何年ももたないとさすがに気づきました。

そんなこんなで、なかなか趣味に時間が取れずにいます。

でもいつか暗闇から抜け出せる日(宝くじがあたるとか)を夢見て、執筆も勉強もちまちま続けたいと思います。

拍手、ご感想いただいた方、お返事が遅くなって本当に申し訳ございません。
続きは拍手のお返事です。

↓↓↓

続きを読む

2013/03/11

【更新】『山間の城の物語』第四章3話

『山間の城の物語』第四章3話を更新しました。

「幻の海」 
(最新話にリンクしています)
※18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください

またも「○○ヶ月更新されていません」メッセージが出てしまいました…。
遅くなってすみませんです。

すみません、実は結構前にムーンライトノベルズでは更新してましたが、ブログでのお知らせが遅くなりました。
更新記事書きあげてから小説を更新する予定だったのですが、寝ぼけてて勢いで投稿してしまいました。。。
いち早く読んでくださった方、しかも拍手くださった方、ありがとうございます。

今の状態では、これ以上更新ペースをあげるのは難しいようです。
これから仕事がピークに入るので、次の更新は暑くなる頃でしょうかねえ(泣)
できれば春の間に更新したいですが…。

会社が引っ越ししたり、合併したりするので、ただでさえ仕事忙しいのに、てんやわんやさんです。
しかも新住所が超絶不便なとこな上、川に近いビルの2階。
次、大きな地震があったらと思うと、ちょっと怖いです。
今の会社の場所もいーかげん不便なとこですが、さらに不便なところをよくも見つけてきたって感じです。

まあそれより何より、合併によってしめやかに人員整理が進むんじゃないかってうわさ。
ダメ社員ふじやま的には危機感を覚えてます。
追い出し部屋所属になったらどーしよー(汗)

そろそろ資格のひとつも取っておかなきゃならないと思って、ちまちまと勉強も始めました。
去年は見事に試験に落ちたんで、今年こそは頑張らねばと思います。
試験受けるまで、首がつながってるといーんですけどねー。ウフフ。

…なんて、現世の愚痴ばかりですみません。
この体験も作中で昇華させるべく(どうやって?)、頑張ります。

今書いている長編(最近、超ヘンって変換されます。なんで…)は、いずれもライフワーク的に完結させますが、いくつかアイディアが浮かんでいる短編も執筆したいなーと思ってます。
なんだかもー、色々あって、自分の小説の幼稚さをイヤってほど思い知らされたので…><。。。
確実に腕をあげるには、短編いくつも書いた方がいいというアドバイスもいただき、構成力を磨くためにも、短編修行も積んでいきたいと思います。



続きは投稿サイトにいただいた拍手のお返事です↓
お返事が遅くなってすみません。
コメント下さった方、本当にありがとうございます。

続きを読む

2012/12/05

【更新】『山間の城の物語』第四章2話&いただきもの&読書バトン

『山間の城の物語』第四章2話を更新しました。

「砂塵の向こう」
(最新話にリンクしています)

※18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください 

うううううう、遅くなりまして本当に申し訳ございません。
いただいた拍手やコメントにもお返事を返せず…くださった方、本当にありがとうございます。

それなのに、盛り上がりもないじみ~~な話で申し訳ないです。とほほん。

小説の目次ページには「一年以上更新されていません。今後も更新されない可能性があります」とか表示されちゃうし。

くっそう…自動メッセージのくせに…オメーに何が分かるってんだよう(泣)

なんだかもう、いっきに忙しくなって、執筆に時間を使うことがほとんどできなくなってしまいました。
かといって睡眠時間削ると、ダイレクトに体調に響いてくるので…。トシですかねえ。18歳なのにね。

…すみません…頭が…><

そんなわけで、今後も更新は遅くなると思います。
また、コメントへのお返事なども、以降はちょっと簡潔にさせていただくかもしれません。
うう~、長文のご感想いただいて、それに負けないような長いお返事を返すのが楽しみだったんですが…。

更新情報は「ムーンライトノベル」の活動報告、ブログで行いたいと思います。
登録させていただいている検索サイト様には、更新情報は今後掲載できないかもしれません~。



***

で!

そんなザマではありますが、なんとモリエールさんよりイラストをいただいてしまいました。
…今年の初めに><。。

つらい時、悲しい時に、一人で眺めてえへえへ楽しんでいたのですが、ようやく皆様にもご覧いただけます!
っていうか見てくださ~い!
それだけでもこのブログ見た甲斐があるってもんです。

ただし、エロカワ系列のイラストなので、画像はヒミツ♪にします。

ぜひ見たいという方、コチラからどうぞ~~!


これはですねー、懐かしい「魔女とコヨーテ」三話にて、町の広場のど真ん中で、あーしてあーなった場面です!
自分で書いておきながら、けっこー恥知らずな場面ですよね。
夜中だけど広場のど真ん中だっつーの。
若いって、歯止めがききませんねえ~。

そんないただけないシーンを、かわいく美しくイラストにしてくださいました!
きょぬーマニアにはたまらんです!
目の錯覚か、揺れている気がするではありませんか~!
噴水の真ん中に立ってた像からのビジョンだそうですが、像的には役得でしたねー。

あの意味ありげな像、結局意味ないことになっちゃいましたが、色々設定があったんです。当初は。
詳細は「山間~」完結後にどこかで語れたらいいな~と思います。いつになるんだろ。

モリエールさん、元気とやる気の出るイラストをありがとうございました!!


***

で!

だいぶ以前に、山西巧馬さんから「読書バトン」をいただいていました。

当時アチコチで流行っていたので、回していただけてとても嬉しかったのですが、回答するのがこんなに遅くなってしまいました。うう

う…ごめんなさい。

「今さらそんなバトンやってんのー」ってかんじですが、お暇な方は眺めていってください。



1)今読んでいる本は?
 
フィリップ・コンタミーヌ「百年戦争」
…あ、もちろん翻訳版です。超面白い。


2)就学前にハマった本は?

本ばかり読んでいたらしいですが、内容はサッパリ覚えてないんです。
まんが日本昔ばなしの「桃太郎」「金太郎」「浦島太郎」の三本セットになった本が好きだったような…。


3)小学生の時にはまった本、作家は?

江戸川乱歩の少年探偵団シリーズ。
図書室で夢中になって読みました。

高学年になる頃には、ポプラ社の子供向けミステリーにはまりましたね~。
C.A.スミスとかマッケンとか知ったのも、このシリーズがきっかけでしたが、ダイジェスト版とはいえジュニア向けではないような…。
  

4)中学生でハマった本、作家は?

クリスティ。
ポプラ社のジュニア版から、大人向け文庫を買うようになりました。

コバルトのミステリーシリーズにもハマってましたね。友達に借りたりして。
「星子ひとり旅シリーズ」とか好きでした。
ひとり旅にはまるキッカケになったのもコレ。
初めてひとり旅に出た時に、「行先で殺人事件に巻き込まれないかな~」とか考えてました。アホかよ。

それから、コバルトつながりでファンタジー読み始めました。
前田珠子氏とか。

赤川次郎氏のミステリ読み始めたのも中学生から。



5)高校生でハマった本、作家は?

引き続きクリスティ。
赤川次郎氏もよく読みました。
ゲーム系に興味持ち始めたのもこの時期で、ファンタジーから「ロードス島戦記」とかにも移行しました。
「指輪物語」は、序盤のホビットの生態あたりで挫折…。ありがち…。


6)大学生以上でハマった本、作家は?

一応文学部に入ったので、ミステリとファンタジーばかりでなく、文芸も読み始めました。
すっごい読書層が広がった時期なので、逆にコレにはまったってのは、あんまりないですね~。
シェイクスピアがなんでスゴイかを理解した時期でありました。

あと印象的だったのは「ニーベルンゲンの歌」「テス」「サロメ」あたりです。
大学入って最初のレポートの課題が、「女が人を殺す話」だったので。
…そんなテーマ出すなよ…。

それからアン・ライスの「眠り姫」
ヴァンパイアクロニクルにはさっぱり興味ありませんが、眠り姫の方は衝撃的というか…。
この話が無ければ、今こうしてエロ小説書いていることもなかったかもしれないです。


7)現在オススメの本、作家

好みは人それぞれなので、私が好きな本や作家を万人が好きになるとは限りませんし、パス。

あ、絵本「百万回生きた猫」はいいです。オススメ。


8)好きなジャンル3つ

ミステリ、ファンタジー、洋モノ古典


9)読んでいて大笑いしてしまった本は?

原田宗徳の初期のエッセイが本気で笑えました。


10)読んでいて泣いてしまった本は?

カポーティ「クリスマスの思い出」

もう最初の数行で結末が分かって涙がでてくるんですが…何度読んでも泣かずにはおれません。
私の涙のツボをことごとく突いてくるお話です。
うう、ハンカチください…おおお…。


11)読んでいて腹が立った本は?

けっこーありますよ。あんまり思い出したくないですねー。
特に実用書・ビジネス書に多いです。
タイトルと中身が合ってねーよ的な。


12)読んでいて気持ち悪くなった本は?

綾辻行人「殺人鬼」

スプラッター好きですが、さすがにこたえました。
腸で絞殺とか…なかなか考えつかないアイデアです。はひ。


13)本の中で出てきたもので、コレ食べたい!と思ったものは?

クリスマスプディング。
いまだに食べたことないです。


14)本の中でここ行きたい!と思った場所は?

いっぱいあります。ありすぎます。

ひとつ挙げるなら、ローマのサンタ・マリア・デッラ・ヴィットーリア教会。
「天使と悪魔」読んで、ベルニーニの彫刻がものすごく見たくなりました。
いまだに行ってません…。行きたいよー。よー。


15)本の中で好きな登場人物

エルキュール・ポワロ
中学生のころからポワロおじさん大好きです。
あと明智小五郎とか、金田一耕助。

…全部名探偵じゃんか。  

あ、源氏物語の朧月夜の君は大好きです。


16)続編を出して欲しい本

あんまりダラダラ話を続けて欲しくないので、完結したら完結でいいと思います。

でも続編ちゅーか、「源氏物語」とか「カンタベリー物語」は完結させてよー。


17)内容は別にして、この題名はうまいことつけたなとおもうもの。

『世界の中心で愛を叫ぶ』

ポジティブな意味ではなく、うまいことつけたなーと思います。
原題『恋するソクラテス』では、ここまで売れなかったんじゃないでしょうか。
売れるタイトルつけるのも、出版社というか編集者のお仕事なんですね。
たとえ作品の価値が下がろうともね。
原題のままだったら生きてきた細部が、通俗的なタイトルに覆い隠されて、ありがちなお涙ちょうだい恋愛話に落ちぶれてしまったのは、個人的には残念至極。


18)近年の出版業界に一言

紙の本出し続けてください。
できればタイトルは作者の考えたとおりで。


19)オススメの書店

池袋のリブロとジュンク堂ですかね。
学生の頃からお世話になってます。
でも最近本買ってないです(泣)
置き場所が…。


20)あの人は何を読むんだろうという人にバトン

もうこんなバトンみんなやりつくしちゃったと思うのでパス。


***

てことで、お返事遅くなって申し訳ございませんm(_ _)m
続きは11月までにいただいた拍手コメントのお返事です。

↓↓↓

続きを読む

2011/10/06

拍手お返事

夏だったのに…いつの間にか秋深しですね。

気がつけば今月末はハロウィンです。
各所でカボチャと栗にまつわる食べ物が出揃ってますが、思うように食べにいけないのが悲しいです。うう。らぽっぽのバナナパンプキンパイ食べたい…。

昔から何となくハロウィン好きです。
どこかダークでホラーな感じが良かったんでしょうかね~。
てことで、テンプレートもやっと変更してみました。


相変わらず小説のほうは更新できずですみませんです。
今月には何とかと思ったんですが…引越しって大変ですねえ。

ただ引っ越すだけならともかく、それまで仕事と遊びにかまけて放っておいた雑用を処理しようと思ったら、結構手間取りますね。
役所や銀行でも、平日にどうしてこんなに人が…と思うほど混んでて、手続きに時間かかります。

あとまあ…片づけ…。
「ときめき」を基準にすれば片づくと思いきや、生活必需品の多くはときめかないけど、捨てるわけにはいかなかったりすると、今さらながら思い至りました。

電池とかドライバーとかカミソリとか、ときめきゃしませんが、無いと困りますからねえ…。
逆におみやげでもらったジャムの空き瓶とかにときめいたりしますが、どー考えたって、空き瓶のほうが役に立たたねーだろって感じです。

今使ってるPCも、「a」のキーが取れちゃって、かぶせてあるだけなので、すこぶる不安定な状態です。
「あ」って打とうとすると、「あああああああ」とか親切心いっぱいに表示してくれます。
こんなPC、ときめきも何もあったもんじゃないですが(むしろ軽い殺意アリ)、新しいのに引越しするまでは捨てるわけにもいきません。
調べ物にも買い物にも必需品ですね~。


どうにか状況を落ち着けて、更新にこぎつけたいと思います。


続きはサイトにいただいた拍手のお返事です。
(ブログ拍手のお返事は、コメント欄にてさせていただいています)
遅くなってしまってごめんなさい。
 
 ↓↓↓

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。