--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/02

『幻影金魚』

『幻影金魚』 

*R-15です。
(15歳未満の方は閲覧できません)

Author: takao様

★完結済み★

http://ncode.syosetu.com/n7441d/

ジャンル:恋愛 青春 エロス  
要素  :高校生 親戚のお兄さん 性衝動 葛藤 *H

<ご紹介>
16歳の女の子と18歳の男の子。
二人はいとこ同士で、小さな頃おばあちゃんの家で一緒に遊んだ仲でした。

胸の奥をくすぐられる、とても甘酸っぱい設定です。

女の子は男の子にある想いを抱くようになりますが、恋心と呼ぶにはいささか生々しく、後ろ暗い衝動を伴うものでした。
人に言えない、ある出来事をきっかけにしたその思いと、女の子の脳裏に浮かぶ金魚を絡めて、お話は展開していきます。

ジャンルで言えば恋愛小説ですが、その一言に収まらない魅力があるお話です。


「小説家になろう」様で見つけました。
↓↓↓


高校生同士の恋愛といえば、これも書き古された王道シチュエーションです。
いとこ同士という設定も、珍しくはありません。

小さな頃仲がよかった親戚のお兄ちゃんが、大きくなったらステキに見えて、お兄ちゃんの方も妹のようだった女の子が、いつの間にか女になっていたことに気づく…。
やがて二人は想いを打ち明けあい、めでたしめでたし。

思春期の男女の成長を絡めながらそんな風に書かれた恋愛小説は数多くあります。

恋愛小説というレーベルに、私は懐疑的です。

嫌いだからじゃないんです。むしろ好きだから。
だからこそ、こだわりたいんですよね。

うどん好きにも二種類いて、「うどんなら何でもいい」という人と「うどんはこうでないと!」っていう、どーでもいーコダワリがある人。がいます。
私、後者です。
うどんは讃岐!(ごめん、稲庭も水沢も好きだけど…)
ゴムか!と思うほどのコシがあり(ありすぎ…)、つやがあり、のどごしつるつる。
あったかいとのびるので、大抵は冷たいので食べます。
冬でも麺は冷たく、ひやあつ。
のびた柔らかいうどんはうどんじゃねー。
そんなん食べるぐらいなら、家帰ってチキンラーメン食べてやる。

…うどん、全然カンケーないですけど、まあ、恋愛小説にはそれぐらいこだわりがあるんでがす。
恋愛小説なら何でもいいってワケじゃないんですよねー。

恋愛に関する「出来事」を延々と述べられても興ざめしちゃうタチです。

出会った → 好きになった → チューした
→ あとなんとかかんとか… → ヘタすると妊娠・中絶まで…

R15ともなると、むしろこういう出来事の方が露骨に描写されて、肝心の心情の方がおいてけぼりになっちゃうお話が多い気がするんですね~。


こちらのお話は、劇的な出来事とは無縁です。
主人公の女の子は、小学校6年生の時に、ある経験をします。
それだけが唯一、変わった経験ではあるのですが、似たようなことは、訪れる形は違えど女性になら誰でもあるんじゃないでしょうか。
初めて自分が子供ではなく、女として他人に見られる瞬間。
人によると思いますが、それをひどく背徳的に捉える方もいるのでは。
父親、兄弟、そして従兄弟…相手が近親者であれば尚更です。


主人公が従兄弟の男の子に抱く感情は、恋心というには生々しいのです。
そしてそれを彼女が自覚していること。
これが既存の少女向け恋愛小説との大きな違いに思えます。
…なーんてすみません。既存の少女向け恋愛小説、あんまり読んでないっすm(_ _)m

美しい言葉で飾り立てる前の原始的な感情を、主人公の少女は戸惑いながら正面から見つめています。
ところどころに性的な表現(なーんか、かたっくるしー言葉でイヤですけど…)はありますが、この主人公がとにかく純粋で瑞々しいのです。
自分の気持ちは、同い年くらいの普通の女の子が男の子に抱く「恋心」とは違うのではないか。主人公はそう思っています。
少女時代のある体験も、彼女にとっては一種の恥なのですが、それこそが自分の性と異なる性である男性を自覚した瞬間でもあり、主人公にとってはとても強烈な思い出となっています。
忌まわしいはずの出来事なのに、それを忘れたくても忘れられない。主人公はいつも背徳感に苛まれます。

一言に「恋」と言っても、人が人に抱く感情は、それぞれ違うはず。
共感できるところがあったとしても、全く同じではない…と思います。
その感情を抱く人、向けられた相手によっても違うのはもちろんですし、それをどう受け止められるかで、感情も変化していくものです。
このお話では、『主人公』と『彼』のあいだの、そのたったひとつの感情が、とても丁寧に、時には抉るように描かれています。

十代のエロスをテーマにしたお話となると、『ワタシ、女子高生。ゆうべもカレシとお泊りして、今日もラブホから登校♪』みたいな、過激派の遊び人の話が多かったりするんですが…。(どこでそんな金稼いでるんだよ…)
こちらのお話は、主人公も相手の男の子も舞台も極めて日常的です。
主人公は決して派手なタイプではありません。どちらかというと真面目で、勉強なども人並みにやっている方です。
男の子の方も、ジャ○ーズにスカウトされそうなイケメンというわけではありません。
舞台もどこにでもありそうな町です。

そんな平凡な人たちの中に生まれた感情のドラマが、とにかく丁寧に描かれています。

もーサワヤカ!! これこそ若さです。青春です。
夕陽に向かって走るだけが青春じゃないです。

主人公の感情と、タイトル通りの金魚が上手に絡めてあり、視覚的にもとても美しい文体になっておりますです。


コチラのお話、「春エロス2008」という企画にご参加されていらっしゃいますが、見事にトップに輝いています。
まったくもって納得です。ガッテンボタン壊れるまで押したいくらい。
テーマは「エロス」ですが、あーした、こーしたという出来事ではなく(世に言う官能小説は、ほとんどこの出来事を書いただけですねえ…)、むしろエロスにまつわる、女の子の心理を見事に捉えていると思われます。


やはり心を書いてこその小説ですねえ。
何を書くか、ではなく、どう書くか、というところが筆者の腕、そして個性ではないでしょうか。
と、首が外れるくらい頷いたお話でした。


ちなみに、管理人はまだ読了していませんが、続編も作者様のブログに掲載されています。
今度は相手の男の子からの視点でお話が楽しめます。

また、このお話は「エロス・性衝動」をテーマにしていますが、「恋愛」に焦点を当てたリメイク版も執筆される予定があるそうです。
既にあるこの「幻影金魚」と続編「青竹迷風」、そしてその後の二人について、視点を改めた上で語られるとのことです!
また違った魅力のお話に仕上がることと期待されます。

コメント

非公開コメント

RE: 拍手お返事 >Tさん

拍手、ありがとうございます。
こ、こちらのブログにおいでいただいたなんて、本当に光栄です。まさか~~(>_<;)
ありがとうございます!
ネット小説はナメられることも多いのですが、商業目的に阿らない良作もあるので、自分好みの作品を紹介したいと思っておりました。
読んでいただいてありがとうございます!

そして、私のお話まで読んでいただいたとは…ひえー、お恥ずかしい限りです。
私の技術では、言葉を尽くしても描写できないことがあり、それを見事に表している、すごいなあ~、と思うような作品をご紹介させていただいていますので、そんなお言葉、勿体無い限りです。
こちらこそ、改めてまたお伺いしますm(_ _)m ありがとうございます!

re: 拍手お返事 >可芳さん

拍手、ありがとうございます。
こちら、ご存知でしたか~!
本当に心理描写が巧みですよね。真似しようにもできないです…>_<
劇的な出来事よりも、金魚の幻想と少女の衝動を絡めて表されるのが、薫り高いというかもー…言葉では言い表せません~!
テーマを絞ってきっちり描かれているところも素敵ですね。
こんなお話を読みたかったのだと、本当に感動した一品です。

はじめまして

こんにちは、はじめまして。
ネットで検索しているうちにふじやまさんの小説にたどり着きました。

この3日くらいで、「魔女とコヨーテ」・「山間の城の物語」一気読みしちゃいました。もう寝不足です。笑

2ヶ月くらい経ってるので、ここに感想書くのもどうかなと思ったのですけれど、もう自分ひとりじゃ消化できなくて思わずコメントいれちゃいます。

久しぶりにドはまりで、ヤバかったです。
シェリルの葛藤に同調してしまってなんか苦しい…。笑

今後の二人(シェリルとロディ)は一体どうなってしまうのでしょうか。
この後の続きが楽しみなような怖いような。
もうしばらく、このお話の余韻から抜け出せそうにありません。
続き楽しみにしています。
どうか二人にやさしい未来がありますように。

Re: ハチさん

こんばんは。

お話を読んでいただいて、ありがとうございます!
どちらも長いお話でしたのに、イッキ読みなんてありがとうございます(>_<)

長く温めていたものですし、ちゃんと完結させたお話なので、欠点は多いですが、愛着はあります。
なのでコメントをいただけて、とても光栄です!

シェリルは(コヨーテも…)非常に複雑な性格なので、その葛藤も同調していただくのは難しいと思っていたのですが、そうおっしゃっていただけて、嬉しいです。

「山間の城の物語」は、群像劇ですので、その他の人々がわさわさ出てきますが、引き続きシェリルのその後についても触れる機会がありますので、お時間があるときにでも、また目を通していただければ幸いです。
本当にありがとうございました!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RE: シークレットコメントいただいたC(?)さん

おすすめ、ありがとうございます!
モバゲータウンは全く未チェックでした。そんなに面白い小説があるんですねー!
Cさんがそこまでオススメされているとは…面白そうです!
新撰組は、大河ドラマぐらいしか見たことなかったのですが、この機会に読んでみたいと思います。
ケータイ小説で文体が硬派なお話って、すごく珍しいので、楽しみですー♪
ありがとうございました!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RE: シークレットコメントくださったCさん

こちらこそ、ありがとうございました!
携帯・ネット小説で自分好みのものを見つけるのは、結構難しいですよね^^;
膨大な数のネット小説を見て、世の中、色々な感性や好みがあるんだなと思います。
このブログでも、あくまで自分が好きなお話を紹介しているだけなのですが、少しでもお役に立てれば幸いです。

私のお話も読んでいただいて、ありがとうございますm(_ _)m
大人になっても、まだしょうもない掛け合いやってる二人ですが、「山間~」の三章で、彼らもまた出てきますので、お暇な時に読んでいただければ嬉しいです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。