--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/01

いただきもの 4

再び、モリエールさんから、素敵すぎるイラストをいただきました♪
きゃー、ありがとうございますm(_ _)m

★サイトにいただいた拍手のお返事が追記の末尾にあります★

↓↓↓

クリックで拡大しますので、ぜひ細部まで♪


外伝コヨーテ君10.1.28


こ、この美少年は誰…! という感じです。
うつくしーですー!!
少年、鼻血が出てますが、こっちも鼻血でそうです。


『魔女とコヨーテ』 外伝「銀狼」からです。
終盤、彼が行商のオジサマたちに、尻の穴まで親睦を深められそうになった時に、ぶちっといっちゃった際のイメージだそうです。

まだ若い(十五~六歳?)頃の、ぴりぴりした雰囲気が出てますね~。
「ホられるぐらいなら…」と彼が呼んだものは、外伝では具体的に述べてませんが、本編での登場から、鴉の羽を描いていただいて、モリエールさんのイマジネーションに感服であります!

赤い背景と、舞い落ちる羽、木々の黒の対比が不吉な感じで、ミステリアスです。
オジサンたちに怒りながら、自分が呼ぶものに恐れている少年の表情が、険しいですけど繊細ですね。

手触り良さそうな金髪(染めてますけど)の質感や、瞳の色、服の陰影まで、とっても細かくて綺麗です!

うー、私もこういう、細部まで手が行き届いた文章書きたいもんです。
…ただ描写が長いってのとはまた違うんですよね。
最小限の長さで、行間から香りたつような文を目指して修行です…。

モリエールさん、ありがとうございました!!


【サイトにいただいた拍手のお返事です】

>1/30に「山間の城の物語」に拍手いただいた、Kさん

拍手、ありがとうございます!

お礼は別途…(笑)
本当にありがとうございますー。こんなに早く…!
めっちゃ長かったですが、ひとつにまとめていただいて、ありがとうございました♪


>1/30に「山間の城の物語」に拍手いただいた、sさん

拍手、ありがとうございます!

「魔女とコヨーテ」から読んでいただいて、ありがとうございます!
二人を気に入っていただいて、嬉しいです。
三章はシェリルがメインではありませんが、またちょこちょこと出てくる予定ですので、お暇な時に読んでいただけると幸せです。
…毛色の違うお話が続くので、もどかしいかもしれませんが~><
ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

きれー

うぅぅぅ、きれーだv-10
いーこ、いーこ、してあげたい(爆)。

繊細な感じ、出てますねー。これだと、性格悪そーにはとても思えない…。
いつか、グレンも見てみたい! …と思う人はあまりいないかもしれませんけど(笑)

NoTitle

ふじやまさん、こんばんは^^

展示ありがとうございますv
何度読んでも、尻の穴まで親睦~の下りに吹いてしまってw
ふじやまさんの文章のオカシサたまりません^^*
そんな親睦に全力で拒否るコヨーテ君がまたいいですねv
なんかもういっぱい誉められて、これはもう背伸びしてでも頑張るぞって気持ちになります//
えっちいのは今後の修行で会得したいものだと。
毎回顔が微妙に違うのはお見逃しの方向で><
リンクもありがとうございました^^*

RE: RUMYさん

コメント、ありがとうございますー!
美少年ですよねえ~~(*゚▽゚*)
花をもあざむくというか…。

本編よりちょっと若いので、まだ繊細そうなとこが表に出てますね。
鼻血を拭いて慰めてあげたくなります(笑) 

グレン君…人によってかなりイメージ違いそうですね^^;
私も何となく、もやーんとしたイメージしかないんですけど…腹筋固そうってこと意外(笑)

RE: モリエールさん

こんにちは~!
こちらこそ、リンクさせてもらって、ありがとうございます。

何事も深まりすぎると良くないですよね。
いかにもそのスジのおじさん・おにーさんにヤられてきたようなイメージですが、コヨーテ、男は嫌いなんですよね。
それぐらいなら、舌噛んで死んでやるわ、ぐらいの気持ちで、呼んだんだと思います。

こちらこそ、こんな絵を描いていただいて、展示まで許可をくださって、ありがとうございます♪
ほんとーに、誘拐したいぐらいの美少年です~!
でも、そうですね。かっさらった翌日の朝には、財布と共に消えてそうです(笑)

赤と黒という背景もとっても素敵でした。
「来るよ、来るよ~」的な鴉の羽とか…一枚の絵の中に、色々と凝縮されてますよね。

今後も頑張ってください~!!
本当にありがとうございました♪

RE: 拍手お返事 >可芳さん

拍手、ありがとうございます♪

鼻血出ますよね。絵の中の少年より激しく!(笑)
行商のオジサンたちが、根っからのその趣味なのか、長旅の末にちょっと血迷ったのかは、今となっては分かりませんが、彼らの気持ちも分かる気がします(←そうか?)
親睦深めたくなる少年ですよね~。

全編シリアスに(あ…あれでも…)してみたお話ですが、この絵の不吉な背景と少年の険しい表情に合ってますかね~。でへ。
ううう、この表紙で文庫になったら、幸せですね~。ううう。夢…。
私はしばらく自宅用PCの壁紙に使わせていただいてます♪  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。