FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/27

【更新】『山間の城の物語』(R-18) 第三章 第12話

『山間の城の物語』(R-18)

第三章第12話「光差さぬ場所」を更新しました。
またもや前後編です…。


最新話にリンクしています↓
光差さぬ場所(前編)
光差さぬ場所(後編)

※18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。 


うう。日本が決勝トーナメントに進んだので、私も今週頑張って更新してみました。
…カンケーないですけど。あんまり。


半年以上、延々と書き続けてきたエロムニバスも、これにて終了です。
次回以降は、また色気ないお話となります。
こういうお話なので、そういうシーンが全く無いわけではないんですが、「エロ目当て!」という方は、また四章をお待ちいただけると嬉しいです。


以下は、サイトにいただいた拍手のお返事です。

↓↓↓

【サイトの拍手お返事】

>6/19に「山間の城の物語」に拍手くださったKさん

拍手、ありがとうございます!
そして、いつも作業ありがとうございます~!

不意に時間が取れて、ひょっこり更新できました^^;
ニガヨモギはアブサンのこともあって、不吉なイメージがありますねー(笑)
今後も上手にイメージを絡めていきたいです><


>6/20に「山間の城の物語」に拍手くださったBabyさん

拍手、ありがとうございます!

長々腐れ縁となりつつあるふたりですが、気に入っていただけて嬉しいです^^;

このままでは、二の舞になることは、シェリルの方は分かっているようですけど、具体的な手も打てずに、ずるずると体の関係(…と書くとエロいですね^^;)を続けているみたいです。
ロディの方は、もう少し割り切っているんですかねー。
今のところ「キミのために軍を抜けるさ」とは言い出しそうにないですね。

グレンは最近不幸続きです。くだらないこと考えているから、こういう目に合うんですね、きっと。

うう…この後の展開が、ご期待に応えられるか分かりませんが、できることを頑張りたいと思います!


>6/23に「山間の城の物語」に拍手くださったさささん

拍手、ありがとうございます!
お久しぶりです。またコメントをいただけて嬉しいですm(_ _)m

こちらのお話も読んでいただいて、ありがとうございます。
このままだと二の舞だというのは、ふたりとも認識しているんでしょうけど、恐れていることが微妙に違うようです。
それが二人の態度に表れている…ように見えるように、頑張ります!

本気モードの戦闘…それは、シェリルVSロデリックでしょうか?(笑)
レジーナにしごかれて、馬に乗れるようになったシェリルと、すっかりデスクワーカーと化したロデリックは、以前よりいい勝負になるかもしれませんね^^;
一応、こういうお話なので…戦いは…いずれ…もごもご><

今後も頑張りたいと思います! またお時間がある時に、続きを読んでいただけると嬉しいです。



>6/23に「山間の城の物語」に拍手くださったちぃさん

拍手、ありがとうございます!!

シェリルの方は、世の中にもまれてちょっと考え方変わったみたいですが、ロデリックは、あんまり変わってないですねー。
情はあっても、それ以上の物はとなると…??です。

もう二度と会わないだろうと思っていた人との再会って、目玉が飛び出すぐらいの衝撃だと思いますが…
それから少し落ち着いて、相手の存在が日常に馴染んじゃうと、お互い良くも悪くも冷静になるんでしょうね~。
人間の性格って、なかなか変わらないので、ロディに期待してても仕方ないような気がしますが、それはシェリルも分かっているようですね^^;
どうするんでしょう…(他人事?)

『魔女とコヨーテ』を読んでいただいて、ふたりに思いいれていただいて、ありがとうございます!
こちらは、お話の中心がシェリルではないので、しばらくヤキモキさせてしまかもしれませんが…><;
引き続き、お時間のある時に見守っていただけると嬉しいです。


あ、「元カレ・元カノ」というのは、一種の言葉のアヤです^^;
現代とは彼氏・彼女の定義も違うのですが、一応、お互いに特別な異性という意識はあった(ように書いたつもりです…><)ので、分かりやすい現代語を当てはめてみただけです~。
その辺りの、小説世界の空気や文化といったものも、もっと作中で上手に表していきたいです。 修行します…!


>6/26に「山間の城の物語」に拍手くださった、さささん

拍手、ありがとうございます!

こちらこそ、お返事いただいてありがとうございます。
本気モードの戦闘とは、シェリルvsロディではなく、シェリルwithロディだったんですね^^;
魔法を封じたシェリルと、デスクワーカー・ロディが、どこまで戦いで役に立てるかは分かりませんが、こういうお話ですので、そのうち戦いには巻き込まれそうです。
二人の対人関係も微妙ですので、シェリルwithロディとなるかは分かりませんが…><;
うー、思わせぶりな返事ですみません(汗)

暑さに弱いので、ウダウダですが、三章の集束に向けて頑張りたいと思います!
お気づかいありがとうございます。
さささんも、体調には気をつけてくださいね~。


>6/26に「山間の城の物語」に拍手くださった、7さん

拍手、ありがとうございます!

『魔女とコヨーテ』から読んでいただいたのですね。
ありがとうございます~~><。。。

「終わってしまうのが嫌で読めなくなった」というお気持ち、分かります。
私もよくありますね~。それで、気に入ったお話ほど読めなくなってしまうという…。

うう、拙い作品ですが、全力を尽くしていますので、悶え転がっていただいたと聞いて、こちらも嬉しさに悶え転がりました。本当にありがとうございます。
シェリルの続編というわけではないので、彼女のお話に限って言えば展開が遅いですが、引き続き、お時間のある時に続きを読んでいただけると幸いです。

こちらこそ、お話を楽しく読んでいただいて、本当にありがとうございます。
今後も精進していきたいと思います!


コメント

非公開コメント

RE:拍手お返事 >UTAさん

コメント、ありがとうございます~。

あ、そういえば更新記事からは、それぞれの前編にしかリンクしてませんでした^^;
こういうところがO型…。

最新話まで読んでいただいて、ありがとうございます。ううう。ニガヨモギの後編からだと相当長かったですよねー><

レジーナとグレンは「真面目」「不真面目」・「男嫌い」「女好き」という大きな違いがありますけど(笑)、共通点も多いんですよね~。
二人ともちょっと歪んでるので…レジーナさんにはダンナ様や傭兵仲間がいたので、中和されてきただけなんですよね。
…というようなことが伝わっていれば嬉しいです(>_<。)。。

副伯は断片的にしか出てきてないので、読んでいただいている方にどういうイメージが生まれているのか怖かったりします(笑)
司教様ですかー、なるほど。

ロディは成長してないように見えますねえ^^;
本人に「人間としてでっかくなろう」という気がゼロなのがまた、困ったもんです。…誰も困らないか。

Re: 拍手お返事 >モリエールさん

拍手、ありがとうございます!

ううう、そうなんです。
「ニガヨモギ」は前後編両方アップしてたんですが、前編にしかリンク貼ってませんでした><
長くなっちゃったおはなしを読んでいただいて、ありがとうございます!

あのままロディが現れなかったら、シェリルがアレをどーしたかっていうところも、私的には興味があります(笑)
しかし、なんて罰当たりな場所に片づけたんでしょうね…。
いくらグレンでも、「いやそれは実は…」と本当のことを司祭に言って、取り返すことはできなかったようです。

細かいところまで読んでいただいて、ありがとうございます。
6話で「ロデリック」と呼ばれた時にはぼけっとしてたロディ君が、「ロディ」と呼ばれた時に、微妙に違う反応見せたのは何でやねんというあたりは…のちのち…もごもご…。

お話はがちょーんと進んで、冬をすっとばして春となりましたが、あちらこちらで発情している人たちがいる城なのは相変わらずです><

次からはオムニバスから解放されるので、鬼のように長くならずに済みそうです^^
あと一息、できることを頑張りたいと思います。

モリエールさんも、精力的にイラスト描かれていますね♪
いつも堪能させていただいては、無言の拍手ストーキングしてます^^;
体調崩されないように、これからも頑張ってください~!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。