FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/24

短編投稿しました & 拍手お返事

短編を投稿してみました。

『固定電話』

投稿サイトのホラー企画のために書きましたが、規定の文字数に達しませんでした。



…昨日、職場のエアコンがぶっこわれたため、仕事になりゃーしませんでした。
みんな口を開けば「暑い」「死ぬ」「苦しい」「帰りたい」…。

赤い服着てたフジヤマは、大層イヤがられました。
まー自分でも、鏡見る度に「暑苦しい服だなオイ」とキレたくなりました。
ピンクとかえんじ色とかじゃなくて、ほんとに真っ赤な半袖カーディガンだったんですよ…こんな日に限って。


今日は直ったので、午後から快適にお仕事です。土曜日ですけど(ノД`)・゜・。



★続きは投稿サイトにいただいた拍手のお返事です。

↓↓↓

【投稿サイトへの拍手お返事】

>7/18に「山間の城の物語」に拍手くださった泉さん

拍手とコメント、ありがとうございます!

今回もいち早く読んでいただき、本当にありがとうございますm(_ _)m
監督、ここまでは練習通りに進んでますが、いよいよガチンコ勝負なので、どうなるかわからないですねー。
下馬評(誰の)を覆して、初戦勝てるんでしょうか……うう、ワールドカップ終わっちゃって、楽しみが減りました><
岩に潰されて死んだどころか、皆真面目にやってるのに、ロデリック一人で一生懸命お笑いを取ってましたね…^^;

三章も山場なので、もう少し、何とか夏までに終わらせられるよう、頑張りたいと思います!


>7/18に「山間の城の物語」に拍手くださったべる猫さん

拍手、ありがとうございます!

初めて名前が出てきたアレキサンダー君(オス?)ですが、結構気性が激しいようです(笑)
私は梟にどつかれたことはありませんが、結構痛そうですよね…^^;

ロディも「何か恨みがあるのか」って、そりゃあるだろう…。

『魔女とコヨーテ』から読んでいただいてありがとうございます!
こちらは話が広がっているので、なかなか展開がもどかしいと思いますが、お暇な時にお付き合いいただければ幸いです。
…さらにドライなのですが…><;

三章終了後、別の話を一本挟んで、『魔女とコヨーテ』の外伝二話目を掲載する予定です。
少し先になりますが、覚えていただいておりましたら、そちらも読んでいただけると嬉しいです。


>7/18に「山間の城の物語」に拍手くださったHさん

拍手、ありがとうございます!

物騒な展開も多い話ですが、ここまで読んでいただいて、ありがとうございます~。
ちょっと考えが足りなかったり、意志が弱いところもあるレジーナですが、今回ばかりは踏ん張っているように見えていれば幸いです。
日ごろの訓練の成果は出ているようですけど…何があるのか分からないのが戦いなので…。
三章もあと3話(た…たぶん)なので、冗長にならないように、書きたいことを収めたいと思います。


>7/19に「山間の城の物語」に拍手いただいたKさん

拍手、ありがとうございます!

そして、いつも作業ありがとうございます~。
やはり目次は短い方が美しいですね。

娘子軍ですか~、一人有名な女傑がいましたよね。うろ覚え…。
そんな人々を思い出していただけるなんて、ありがとうございます。
追い詰められた人々、滅びゆく人々のお話って、単なる美談・悲劇とは違うところで、心が震えますね。

なかなかアタマにあるものを上手に書けないのですが、少しでも臨場感が伝わっていれば嬉しいです…!

読後も身体の中に残る物語…そうですねー、そういうお話を読みたいし、書きたいものです。
そうおっしゃっていただけて、アタマ抱えて唸っていた苦労が報われる思いです~。

言葉が多すぎても冗長(笑)でテンポ悪いですし、少なすぎると場面や情景が希薄になる…入り込めるお話を書くって難しいですね。

レジーナさんの後ろから応援してくださってありがとうございます!
ジョセフが狙いを外したおかげで(笑)、ついに白兵戦するハメになりましたが…ここからがふんばりどころですねえ。
他人事みたいに言ってないで、私も早々の更新を目指しつつ、陳腐な場面にならないように頑張ります。

Kさんも頑張ってください~!
続き、そして完結を楽しみにしています♪


>7/19に「山間の城の物語」に拍手いただいた0さん

拍手、ありがとうございます!

こちらこそ、いつも読んでいただいて、そして感想までいただき、ありがとうございます。
読み返していただけて、とても嬉しいです…! 
ですが…誤字脱字やヘンな箇所が修正しきれていないので、ぎゃー、恥ずかしいです~。

「つっこめ」が口癖の傭兵隊長が相手なので(他に台詞言ってないんじゃ…)、負けた場合の運命は決まってますねえ><
ううう、この後の展開…ご期待にお応えできるといいのですが…割とありきたりかもしれません。
前半の山場なので、気合いを入れつつも、長くなり過ぎないように仕上げていきたいと思います。


他のお話も読んでいただいて、ありがとうございます!
どのお話もアプローチは違いますが、書きたいことの根っこは一緒だったりします^^;
どれも同じように力を注いでいるので、そうおっしゃっていただけて嬉しいです。


返信についても、お気遣いいただいて、ありがとうございます。
まったくの自己満足で書いているものですが、孤独な作業ですので、やはりご感想をいただけると、とても励みになります。
いただいたご感想に長々と返信させていただくのも楽しみだったりします^^;

本当に今年の夏は暑いですね~。
既にバテ気味ですが、どうにか乗り切って秋になる前に三章を終わらせたいと思います。
PCの無事までお祈りいただいて、ありがとうございます><。。。
かなり古いやつなので(多分、今のiphonの方が優秀…)、いつデータがふっとぶか、動かなくなるかとヒヤヒヤしていますが、今は買い換えられる状況でもなく、しばらくはだましだまし使っていくことになりそうです。
0さんも、どうぞ体調にはお気をつけくださいませ。

こちらこそ、素敵なご感想をいただき、本当に感謝です。
ありがとうございました!


>7/20に「山間の城の物語」に拍手いただいた幸村さん

拍手、ありがとうございます!

お久しぶりです。ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。

11話は再会の衝撃から抜けて、もう相手の存在に馴染んでしまった二人の話でしたが、名前呼んだ方も呼ばれた方も不思議な気持ちだったでしょうね。
お互いに相手に対してもやもやとしたものを抱えているようですが、先が繋がっていないのも承知しているので、複雑なようです。

シェリル→コヨーテの構図を気に入っていただいてありがとうございます^^
私は「男→女」よりも「女→男」の構図の方が断然好きです。
(なので、「ニコラス→レジーナ」の関係なんかは、すごくぎこちない描写ですが…><)
まー自分がモテなくて、相手にもされない男を追っかけまわしていた実体験が反映されてるのかもしれません。とほほ。

レジーナとグレンの関係は、一章から、二章の13、14話、三章の5話などを経て、ゆっくりと変わっていったところを描写したかったのですが、少々唐突に見えたかもしれません><
書きたいことが形になってないのは無念ですが、今後に活かしていきたいと思います。

13話以降は真面目な話(笑)なのですが、その切り替えが自然に見えていれば幸いです。
コメディを書いているわけではないのですが、中編はともかく、長編ともなると、どこかにお笑いを入れたくなってしまいます^^;

映画化…いいですね~。
13話以降なんて、映像化されたら夢のようです。
頭の中で映像化していただいて、ありがとうございます。それだけでも嬉しいです!
私の頭の中の映像が、できるだけ近い形で読んでいただいている方の頭の中に伝わるよう、今後も修行していいきたいと思います。

こちらこそ、拙いお話を無料で読んでいただいて、ありがとうございます。
残り三話、頑張ります! 

コメント

非公開コメント

短編でしたね

こんばんは。

短編だったので(笑)、久々に読ませていただきました。

手前味噌ですが、感想も残しておきました。

それにしても、ふじやま様の凄い執筆意欲には感心します。あやからせて頂きたいです。

RE: 馬河童さん

こちらにもコメントありがとうございます。

そうですね、あれぐらい短いとささっと読めますので、ちょっと目に留まっただけでも読むかって気になりますね。
私は長編の方が好きなのですが、よほど相性が良くないと「とりあえず読むか」という気にはなかなかなりませんからね~(苦笑)

感想もいただいて、ありがとうございます。

小説書くのは好きでやってる趣味の一つなので、やっぱり書くのは楽しいです。
サマージャンボ当たったら、週三日くらいでバイトしながら、毎日小説書いて読んでたいですね~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。