FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/23

【更新】『山間の城の物語』(R-18) 第三章 第17話・18話

『山間の城の物語』(R-18)

山間の城の物語を更新しました。

最新話にリンクしています↓

第17話『流星』

 …第18話『陽炎』

※18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。 

誰ですかねー、あと一話で終わるって言った先の読めない大アホは。

すっ、すみません…そんなわけで、あと二話あります。
18話で第三章は完結です。


考えてみりゃ、あと一話で納まるわけがないんです。
個々のエピソードを甘く見てたってことですかねえ~(泣)

いっぱい削ったものもあるんですけど…司祭対傭兵とか、兵舎に残ったみなさんのその後とか。
庭師の出番はまたもやなかったです。とほほ。

何とか夏までに完結することができました。

あ、三章後半のノリと小説全体のタイトルからして、三章でお話全体が完結されるような勢いでしたが、すみません、お話はまだ…えー…続きます。

あとどれくらいあるのか語ると、読んでいただけなくなりそうなので怖いです。
でもこんなに長い章はもうない予定です。


推敲が乱雑なので、いずれ丁寧に直します。

相変わらず手ごたえがないですが、中心人物がころころ変わったオムニバスのせいか、書く方は楽しく書けました。
二章みたいに、何もかんもイヤになることはなかったです。フー。
同じくらい読み手の方にも退屈せずに楽しんでいただけるような文章を目指したいと思います。

ここまで読んでいただいた方、本当にありがとうございました。


このあとは少しお休みして、来月中旬~下旬くらいから、『王都(必ず最初に嘔吐と変換される…)の冒険者たち』を更新する予定です。


続きは拍手のお返事です。
今まで拍手下さった皆様、本当にありがとうございます。

↓↓↓

【サイトの拍手お返事】

>8/17に「山間の城の物語」に拍手いただいたYさん

拍手、ありがとうございます!

こちらにもおいでいただいて、ありがとうございます~!
こちらのサイトを中心に更新していますが、一話の話がとにかく長いので、夜間書庫ではもう少し一つの記事あたりの文章量を短めにしてます^^;
携帯からも読み返していただいて嬉しいです。

ストーリーを褒めていただいてありがとうございます><。。
骨組みを決めて、展開も決めて、「これなら大丈夫でしょ」のはずだったのに、いざ書いてみると色々な矛盾点が出てきたり、エピソードごとの厚みが異なったり、展開に無理があったりと…拙い構成ですが、今後精進したいと思います。

私も優柔不断なタチなので、ファミレスなどでは「よし、ハンバーグ」って決めた後すぐに「やっぱりカレーにしようかな…」と思ったりします。
優柔不断な人って、要は欲張りらしいです。ううう…。
一方、葛藤を持たない人は書いていても読んでいても清々しいですが、私は共感しづらかったりしますね^^;
ただひたすら人間の暗部を書いていても鬱々としてきますので、匙加減が難しいですが…。頑張ります。

最新話、やっと更新しました。
日参していただいたとは、勿体無いお話です><

本当に毎日暑いですね。
お気遣いありがとうございます!
スイカが値上がりしたので、暑さは麦茶で乗り切りたいと思います。
Yさんもどうぞ体調にお気をつけくださいませ♪

コメント

非公開コメント

RE: 拍手お返事 > UTAさん

拍手、ありがとうございます~!

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。
ぼっちゃま、幽閉生活と戦いを経て、ちょっと成長したように見えていれば幸いです。
人間、肝心の部分はなかなか変わらないようですけどねえ…。

絵に描いたような高慢ちき奥様は、あんまりとうが立ってるとレジーナとキャラがかぶって微妙なので、幼な妻にしてみました^^;
世間の厳しさを知るために、ぼろを纏って放り出したらどうなりますかね~。
案外強かに生きていったりして。

四章まで間が空きますが、また新しい展開に入る予定です。
今度こそ破綻しないように、お話をきっちり練りたいと思います…><
ありがとうございました!

RE: 拍手お返事 > たすくさん

拍手、ありがとうございます。

そうですね、元はといえば原因は大公の軍がちゃっかり居座ったことなのに、危機を助けてもらったことで、複雑ながらも信頼関係ができつつあるようです。
副伯…既にいないのが当たり前になりつつありますが…このままの状態に馴染んでしまうんですかね~。

色々な要素を詰め込んだ三章ですが、一応根底はマイラとエドワードの話のつもりでした。
おぼっちゃま、少しでも成長したように見えていれば幸いです。
三章は書くこと多すぎて、なかなか二人の細かい心情まで書けませんでしたが、時期を見て少しずつ加筆していきたいと思います。

マイラ、婚約者が戻ってくれば、そっちに戻るんでしょうけど…戻らなかったらどうするんですかねえ…(他人事)

引き続き、構成を練りながら、四章も頑張りたいと思います。
ここまで読んでいただいて、ありがとうございました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。