--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/08/11

拍手お返事

すみません、またもや放置状態が続いております…。

気がつけば、とっとと梅雨が終わって夏。
一時期涼しかったですが、去年もかくやという猛暑が戻ってきましたねー。

もうすぐお盆です。
そんな時に引っ越しです…。
ワケあって実家に舞い戻ることになりました。とほほ。
めっちゃ暑いのに…。
うちの会社、夏休みが無いので、仕事もフツーにあります。疲れそう…><

引っ越しをきっかけに美しい部屋を目指し、次こそは散らかさないようにしようと決意。
で、買ったのが巷でウワサの『人生がときめく片づけの魔法』です。

「けっ。人生がときめく~?」と半信半疑だった私ですが、読んでみて目からウロコ。

要は「ときめく物以外は捨てて、少数のときめく物に囲まれて美しく暮らしましょう」ということでした。
「2年着なかった」とか「3年しまいこんでいた」とかいうのではなく、「ときめくか否か」という新しい捨て基準が導入されているのが画期的でした。

ときめくモンなんか大して持ってないので、服・小物・化粧品なんかは、これでかなり片づきそうです。
でもなー…各地で買った、地上絵のペンダントヘッドとか、足の裏型のブレスレットとか捨てちゃうのはな~。
って、この姿勢がいけないんでしょうね。
じゃー使うかっていうとビミョーだし。

一番場所取ってる本どもも「ときめき」を基準にすれば、かなり減りそうです。

ときめく本といえば…『世界の戦術』『傭兵の歴史』『十字軍の時代』『百年戦争』『魔女狩り』『異端者の群れ』…

うーん、ときめく本だけ残すと、却って本棚がサツバツとしそうな予感がします。

しかし一人暮らしでは「全部ときめき基準」もいいかもしれませんが、家族で暮らすとなるとなかなか難しいです。
「ときめかないモノは捨てましょう」と言われたって、おとーちゃんのパンツを勝手に捨てるわけにもいきませんし。

でもせめて自分の空間だけは綺麗に保ちたいとこです。

いくらインテリアセンス磨いたところで、物が多すぎては部屋は綺麗にならないと身にしみました。
物を置く場所としての部屋ではなく、自分がゆっくりできる部屋を目指しますです。


って、まったくどーでもいい話ばっかりで、小説の更新は進んでいなくてすみません。

はよ引っ越し後に片づけして落ち着いて、新しいパソコン設定して、仕事も一段落したら取りかかりたいと思います。
なんとか来月には…うー。

続きは投稿サイトにいただいた拍手のお返事です。
遅くなってごめんなさい。本当にありがとうございます。

↓↓↓

【サイトの拍手お返事】

>7/11に「魔女とコヨーテ」に拍手いただいた、Nさん

コメント、ありがとうございます!
(お名前の読み方が違っていたらごめんなさい><)

長いお話でしたが、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
結末は当然最初から決めていたのですが、どのようにして読んでいただいた方に納得していただけるように書くか、というあたりが、私の中でひとつの命題(?)でした。
思い入れは別として、主人公たちの出した結論もひとつの方法だったと見えていれば、本当に幸いです。

他のお話はまた毛色が違いますが、お時間がある際にでも読んでいただければ嬉しいです。

ありがとうございました!


7/12に「山間の城の物語」に拍手いただいた、saoriさん

拍手、ありがとうございます!

「魔女とコヨーテ」のほうも、読んでいただいたということで、さらにありがとうございます!
お返事が遅くなってしまってごめんなさい。

本人たちも二度と会うことはないだろうと思っていたので、驚いたでしょうね^^;

ストーリー自体は、「山間の城の物語」の原型が先に形になっていて、「魔女~」のほうはシェリルの過去話ということで、結末から作りこんでいったものでした。
今読み返すと、細部も大筋も微妙ではありますが、愛着もあります。
続編というわけではないので、色々ともどかしいかもしれませんが、シェリルたちの幸せを祈っていただいて、ありがとうございます。

その他の人物たちについても、それぞれにドラマがあるので、今後上手に展開・収束させていきたいと思います。
不器用なアリシアも、この後も何かとあるでしょうが、ひとつずつ乗り越えて、あるいは挫折して成長していって欲しいですね~。
『成長』ということが、必ずしも完成された形に近づくとは限らないと思うのですが、人々の変化というか、移り変わっていくものを描いていきたいです。

せっかく読んでいただいたのに、更新が滞ってしまっていてすみません。
今はなかなか時間が取れませんが、いずれ少しずつでも更新を再開したいと思います。

ありがとうございました!


>7/29に「冒険の合間に・宿屋にて」に拍手いただいた、Yさん

コメント、ありがとうございます!

思わぬところから拙作をご覧いただいて、ありがとうございました!
最初の短編を書いたのは、かれこれ3年も前になりますが、当時は本当に「女性向けR18=BL」という感覚だったんですよね^^;

ムーンライトノベルズも作品数は少なく、BL以外の女性向けのH小説は、大半はオジサマ(お兄さんだったかも…)が執筆していらっしゃいました。
なので、本屋さんで売ってる官能小説のノリだったんですよね~。
ファンタジーが舞台の話なんて、限りなく皆無に近かったため、仕方なく(?)自分で書いてみたのがきっかけです。

ほんの一、二年のうちに、女性目線で書くファンタジーR18小説も増えましたね^^
私は個人的にHは愛の付録だとは考えていませんので(逆も然りですね)、そこを丁寧に上品に切り分けたお話がいまだ少ないところが、読者としていまだに欲求不満です(笑)
引き続き、自分の話でもそのあたりを追求していきたいと思います。

短編は今読み返すと、のたうちまわりたいほど拙いですが、Yさんの目に留まることができて嬉しいです。
拍手喝采、ありがとうございます…(>_<。)。。。

短編の続きの長編の方は、三話で止まったままですが、時間はかかってもラストまで書くつもりです。
今は諸事情により、他の話の更新も一時停止していますが、いずれ(遅くとも来月中には…なんとか…)は再開する予定ですので、お時間がある時にでも、目を通していただけたらさらに嬉しいです。

ありがとうございました!

コメント

非公開コメント

Re:

あら、偶然ですね☆
私も訳あって今月実家に舞い戻ることになってしまいました(^_^;)

一度出てしまうともう戻る場所がなくて、今日は場所を作りに行ってきます。

お互い夏バテに気をつけてがんばりましょうね♪

こんばんは。お久しぶりです。
ときめくですか。ふじやまさんらしいグッドチョイスです。これはいい。私も思い切って・・・。
夏休みがないのは疲れますね。猛暑ですが今週いっぱいという予報も。どうか夏バテなさらないで、乗り切ってくださいませ。

RE: ミサオさん

コメントありがとうございます。

ミサオさんもですか~。偶然ですね!

そうなんですよね、実家を一度出てしまうと戻る場所はなく…。
私は実家にPC置きっぱなしだったので、時々戻ってはそこでがーっと小説書いてたのですが、かつての自分の部屋も父の物に占領されつつありました。

今は再び、私の荷物のダンボールで塞がっています^^;

これを片づけるのがまた一苦労ですね~。
ミサオさんも体調に気をつけてくださいね。
お互いに、早く落ち着けるといいですね♪

RE: 雨宮樹理亜さん

またもやお久しぶりです><
コメントありがとうございます!

微妙なタイトルの本ですが、言っていることの本質は「テメエの気に入らねえもんは全部捨てろ」という、大変男らしい主張のような気がします。
「いつか使えそう」「まだ使ってないし」「高かったし」「もらいものだし」とか、そういう理由で物を取っておくなということですね~。
よかったら樹理亜さんもぜひ実践してみてください^^
私はとりあえず、実家で実践してみます!

やっと涼しくなりましたね~。コンビニでもおでんが登場しました。
っていうか、9月中旬並みの気温って、ちょっと下がり過ぎ…。でも猛暑よりはいいです。
今度は逆に風邪ひかないよう、樹理亜さんもご自愛くださ~い♪

拍手お返事 >Tさん

拍手コメント、ありがとうございます!
お返事がこんなに遅くなってしまってごめんなさい。

時間が取れない上に、PCがもう限界で、なにやらせても遅いったらないです。
絶対、もうスマホのほうが優秀…。

「人生がときめく~」の本は、今結構売れてるみたいです。
役立つことが書いてあったので、時々読み返しては、片づけモチベーションを上げてます。

これからぐーっと寒くなりますので、Tさんもどうぞ体調に気をつけてくださいませ~。
私ももう少し、自分の体を労わる日々が続きそうです><
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。