FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/19

イタリア語で行列

先週の話ですが、シルク・ド・ソレイユの『コルテオ』見てきました。


前の『ドラリオン』見てから、すっかりファンになったんですが、やーーー、もう、興奮です。鼻血でそう。

サーカスという言葉じゃ表せない、音楽と美術とアクロバット+大道芸が融合した、ほんと、新しい総合芸術です。
オペラが誕生した時もこんな興奮だったんじゃないかって思わせるくらい…。

今回は「死を間近に控えた道化師の見ている夢」というテーマだそーで、そこからしてもう、幻想的でユーモラスで、ちょっと悲しい世界です。
バロック様式の舞台装置にぴったり。
このバロックの摩訶不思議的雰囲気が、かなりツボでした。

おなじみの客席を巻き込んだユーモラスな演出も、大道芸的です。


シルク・ド・ソレイユのアーティストたちは、皆オリンピックとか世界選手権レベルのアスリートたちを、スカウトしたり、オーディションで取ったりするらしいです。
納得。

とにかくあの、アーティストたちの美しい体がステキー。
男性も女性も、しなやかな筋肉がついていて、とても綺麗です。
自分の肉体を完全に制御できているあの動きがですねー、フツーに道端歩いててつまずく私としては、果てしなく羨ましいわけです。

ほんとに夢の世界にいるような時間でした。


常設シアターも浦安にできたので、行ってみたいとこです。

が。
高いんですよねー。
今回は、極秘ルート(そんな大げさなもんじゃないですけど)で、安めにいい席取れたんですが、まともに買うなら、地道に節約しないと…。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。