FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/03/19

草食系

巷で流行りの草食系男子ですが、結構周りには多いような…。
ウチの会社は女性が多いので、草食系男子じゃないと、多分内勤は勤まりません。
上司は社内で草食系1、2を争う雄(?)なので、すんごいミスとかしても「フジヤマ! テメちっと来い!」とか言われることはないです。

↓↓↓


自分からガツガツ女性に向かっていかないから目立たないけど、良い彼氏・良い旦那としては、狙い目じゃないかと注目されているのが、草食系男子であります。
(これは女子的目線。草食系男子の主張ってのは、またチョット違うらしいです)
婚活ブームの昨今、積極的じゃないけど、「優しい」「浮気しない」「堅実」というあたりをクリアしている草食系男子は、ダンナ様として隠れ物件かもしれません。
あとは女子側が動いて狩ればいいだけ。

まあでも、こういう草食系男子=いいダンナ様っていうのは、結構昔から女性は皆分かってたんじゃないですかね。マスオさんなんか典型的ですし。
学生時代からの恋愛の末の結婚とかならともかく、少し落ち着いて結婚を意識してみれば、男性的魅力はさておき、物静かで優しい人こそ狙い目っていうのは、もー本能的っていうレベルで承知してるんじゃないでしょうか。
草食系男子をクローズアップすることより、彼らを「草食」と定義することで、女子が「肉食になれ! 自ら奴らを狩れ!」とハッパかけられることに、草食系の呼び名の意味がある気がしまっす。

んが。

まーでもやっぱアレですね。
イザ草食系男子と向かい合うと、「いい人なんだけど~」という、こういう人につきものの、今ひとつ足りない感は否めません。
この「ど~」のあたりを、己の中で乗り越え、「いや、いい人! いい人こそ全て!!」と念じて、ひとかわ向けた時に、なんか新しい世界が開けるんでしょうけどねえ。そして開いた人が、見事幸せな結婚していくんでしょうけど…。
あるいは、男の人をブンブン力ずくで振り回す(小悪魔的に、可愛さで振り回すんじゃなく…)、真の肉食系女子であれば、願ったりの人材なんでしょうが…。

歯切れ悪いですけど、要するにやっぱ物足りないってことです。

草食系男子のコンセプト(?)は、「無理しない」「自然体」「周囲との和を大切に」ってことらしいです。
大人として大事なスキルです。こういう人なら、自分の家族や親戚とも、うまくやっていけるに違いありまへん。

でも~、私個人の好みなんですが~、
…なんか、「ちょっと無理」してる男の人って素敵だなーと思うんですよね。
女子の前だから、彼女の前だからってカッコつけちゃうみたいな…。
それが及ばなくても、そういう心意気がなんつーか、カッコイイと思うんですよ。
だからなんか「ムリせず、ありのままにね~~」って、あまりに脱力されていると、なんか張り合いないというか、覇気が感じられないというか…。
お尻叩けば動くんでしょうが、叩き続けるのも疲れるもんです。

でもこれって女の子も同じで、彼氏の為に普段できないお料理とか、頑張ってやっちゃってる女の子の方が、可愛いと思うんですよね。
見栄の張りすぎはロクなことにならないですけど、そういうちょっとした背伸びって、なんかほほえましい気がします。
「アタシは自然体だから! 嫌いなことはしない。料理は女がやる? そんなん、誰が決めたのよ。オメーがやれ」
…というお話は、まことに正論なのですが、自分が男だったら、相当のM男じゃないと、こういう人とはつきあえないんじゃないかと…。
まーでも、ワタシ、こういうタイプなんですけどね…今、超反省。明日から厚焼き玉子の練習始めます。

そんなわけで、草食系男子がたまーにそういう「かっこつけ」みたいなのを見せてくれると、女子として(少なくとも私は)意外性に感激したりするんですが。


で、話は戻って草食系上司の話。
ある日、後輩が営業とぶつかって、ミスを彼女の責任であるかのような言い草をされてしまったのです。
彼女がそれを愚痴っていると、それを聞いていた草食系上司、

「…よし、俺、ハッキリ言ってくるよ。これじゃ○○さんの責任になるからね」

いつになく厳しい顔で立ち上がって、書類を掴み、つかつかと営業の席へ。
まあ、その頼もしいことったらないです。
「▲▲さん、ステキ!」「後姿がカッコイイ!」
後輩と一緒に、同じ係の女子一同、営業の席へと歩いていく草食系上司を、尊敬とトキメキの目で見守ります。さながら戦場へ向かう戦士を見守るよう。
決めるときゃ決める。
これこそ、草食系の真骨頂でしょう。

で。

席に帰ってきた草食系上司。
「ただいま~」
…すでにいつもの和やか顔。

「ちゃんと話したら分かってくれたー」

……。
和解ですか。あんな怖い顔で去っていったのに。
膨らんだトキメキは、あっちゅーまに萎み、皆さん黙々と仕事に戻りました。

ま、でも、世界中の人間が草食系だったら、世界は平和なんじゃないかと思いました。

コメント

非公開コメント

No title

「ちょっと無理してる」男が素敵に一票!

ちょっと表現がちがいますが、私は「やせがまんする」オトコはいいなー、と思ってます。
以前、どんなタイプが好き? ときかれて、「サムライみたいな人」と答えたら大爆笑されたことがありますが(むぅ~笑)、何か大切なことを守るためにがんばっちゃう心意気を持ってる人、よくありません?
そんな人が身近にいたら、私だって狩るんだけどー(笑)

ちまたで言われてる草食系、私の弟がぴったりハマリすぎるくらい当てはまりますが、良い夫・息子であるのは間違いないとしても、私が女だったら(恋愛対象の男としてみられる立場の女って意味で♪)、あぁ、う~ん、でも何か足りないなぁ~~と贅沢にもつぶやいてしまいそう。

でも、その草食系上司さん、戦いが結局はお話合いになったにしても、スムーズな話合いに持っていける点は草食系ならではですね♪

私も、厚焼き玉子作りを練習してみます(笑)

ははは

こんばんは。

何か耳の痛いお話ですね。女性の視点からこういう話を語られると、非常に参考になります(実生活的にもそうですが、書く上で特に)。

かく言う私も草食系かな・・・。最近は女性の方が元気があって、なかなか肉食獣にはなれません。

・・・失礼しました。

Re: No title

>RUMYさん

分かります!
やせがまんしている人って、ちょっとステキですよね~!
自分の見栄の為に口先の大風呂敷広げるんじゃなくて、大事なものや人の為に、ガラじゃないけど頑張る…みたいな。
「サムライ」…いいじゃないですかねえ。
ちょっと前の映画で「ラストサムライ」ってありましたけど、まああれが歴史的に正しいサムライを描いていたかは置いておいて、ある意味理想の侍の生き様じゃないかと…。号泣しました。

普段は草食系でいいので、イザというときに、ちょっとした根性見せてくれると素敵なんですけどね…。
まあでも、ガミガミ肉食系の上司よりは、本当にいいです。
ガチンコにならなかったおかげで、営業との関係も悪化しませんでしたしね…。

あ、卵焼き、私は早速炒り卵化しました…。
どうしても巻けない…v-12

Re: ははは

>馬河童さん

こんばんは~。
耳が痛いですか~、いや、あまりお気になさらず…。
女の人が「こういう男がイイ! こういう男はダメ!」とか大口で言ってられるのも、男子の皆さんの温かい視線に支えられてのことです。
逆に男の人が「こういう女がいい!」とか、いまどき大声で言ってたら、女性から非難の嵐ですからね…(笑)

でも多分このご時世、草食系の男性の方が人気あると思いますよー。
私の周りでも「草食系は今イチ、でも肉食系がいいかっつーと…」という、微妙な反応です。
肉食系は「浮気しそう」「見栄っぱり」とか思われてるらしいです(笑)
私の上司の話じゃないですけど、草食系の人がたまにヤル気オーラを出すと、ほんとに輝いて見えます。後光が差すぐらい。

…なんつー話が、お話作りの参考になればいいんですけど(汗)

ある意味芸の肥やしか?

うん…わたしって、その適当で妥協した口かと…
そういう意味では結婚も芸の肥やしとも言えるのかもしれません。

ウチの旦那は肉食にあこがれるベジタリアン?!知らないのは妻だけだったとしたらシャレにならないけど。

Re: ある意味芸の肥やしか?

>たすくさん

いーえー!
草食系の男性と結婚するのは、妥協じゃないですよー。
どう考えても、旦那にするなら草食系の方がいいに決まってます。
でも…その前段階の恋愛で、草食系の人が相手だと、もうひとあじ足りないとか思っちゃうんですよ…修行が足りんです。
まあ草食系の目を惑わせるくらいの小悪魔に、コッチがなれればいいんでしょうけど…ムズカシー!

肉食に憧れる草食、いいじゃないですか~。
「ボクちん、草食でいーの」って開き直っている人より、まだ覇気がありますよ。
…でも確かに、家では草食、外では肉食だったりしたら、怖いですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

シークレットコメントへのお返事

>Aさんへ

お久しぶりです。&コメントありがとうございます!

パスワードかかってたのは知ってたんですけど、その後、「ページが見つかりません」という表示になってしまっていたので、fc2止めてしまったのかと思っていたんですよ~。

いまだにブログが見つからないのです~(泣)
またお邪魔させていただきたいので、お暇な時にでもブログのURLお知らせくださいませ~!


確かに、結婚=生活なので、夢ばっか見てられないんですけど、条件ばかりだとなかなか一生一緒にいるのは無理だろうとも思います。
人間って変わっていきますしねー。

安定企業の人だから結婚したのに、リストラされちゃったりしたら、
それまで積み上げた恋愛とかがあれば、一緒に支えて乗り越えて行けるかもしれませんが、「安定企業勤務」が結婚の条件だったりすれば、夫のリストラはもう離婚の危機だったりするんじゃないでしょーか。

恋愛と結婚って、別物ではありますが、全く繋がっていないわけでもないと思います。
あ、まあ、人それぞれですけど。

でも結婚を意識すると、恋愛の仕方って変わってきますね。
やっぱ相手の収入とかって、どうしても気になっちゃう(泣)

No title

こんばんは。
すみません。お馬鹿なもので、肝心なことを忘れてました。↑ のURL(http://ownerofalonelyheart2.blog38.fc2.com/)です。結局今、パスワード無しの設定にしてます。(何をやっているんだかね。)肝心なところが抜けてる奴ですが、良かったら、どうかまた宜しくお願いします。

先日コメント入れた後、ふと思い出した話。寺の坊さんから見合い話が来たのに親が丁重に断ってた。なんでかなと聞いてみたら、一言「あの寺、檀家少ないもの。」結婚経験者はその辺シビアです。子供には苦労の少ない結婚生活を願う親心。でもやっぱり金より心だと思いたいです。

Re: No title

>雨宮樹里亜さん

こんにちは~

あ、urlも変わったんですね!
ありがとうございます。またお邪魔させていただきます。

うーん、お寺さんは、やっぱりお見合い&結婚相談所が多いんですかね。
結婚相談所に登録している友達も、紹介された人7人の内、4人がお坊さんだったと言ってました。
まあ、お金はあったに越したことはないですけど、長い人生一緒にいるわけですからね。
経済的安定が第一の目的だとしたら、それこそダンナさんがクビにでもなったら、金の切れ目が縁の切れ目って感じになりますよね。
そこで「この人だから、一緒に苦労して支えたい!」と思える人がダンナ様なら、一緒に頑張れるわけで…
ボクサーの内藤選手の奥様の話をテレビで見てて、思いました。
特にこの不況だからこそ、相手の仕事より人間性かもねと思ったりします。

…そんな人に、いつ会えるんだろ。は~(泣)
でも私もお見合いしてみたいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。