--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/23

毒舌系②

の続きです。

怒号と暴言(ほとんど女子の)が日々飛び交う会社ですが、私が入社当時の上司は、その中でも1、2を争う毒舌係長でした。
男性は比較的穏やかで、言葉遣いも女子よりよっぽど丁寧な人が多いのですが、当時の係長は、異質な毒舌男子でした。

①係長宛のお電話

フジヤマ「毒舌(仮名)さん、○○社のサイトウさんからお電話です」

毒舌係長「あー、あの会社、サイトーってヤツが二人いるんですけど、部署名とか聞いてます?」

フジヤマ「あ、聞いてませんでした。聞いてみます」

毒舌係長「や、いーです。オカマみたいな声でした? それとも今にも自殺しそうな奴でした?」

フジヤマ「……オカマです」

毒舌係長「わかりました。(受話器ピックアップ)お電話代わりました、毒舌です…」

 …オカマって…一応、お客さんだよね?


②係長からお仕事の引継ぎ

毒舌係長「この担当者のタカハシってヤツは、タチ悪いので、気をつけてください」

フジヤマ「気をつけます」

毒舌係長「ほんと、オマエ人間としてどーなんだよってくらい、最低の男です。首絞めたくなりますよ」

フジヤマ「…気をつけます(首絞めないように)」

 …どんな嫌な思い出があったんだろ。怖くて聞けませんでした。


③ちょっと泣き虫新入女子社員についての話

男子「今度入ってきた、ヤマダさん(仮名)っているじゃないですか」

フジヤマ「あー、可愛いよね、あの人」

男子「この前の夜、ヤマダさん、指導係のオツボネさん(仮名)に超怒られたじゃないですか~」

毒舌係長「あー、見た見た」

男子「で、あの後ヤマダさん、泣いちゃったんですよー。でもオツボネさん、『きつい言い方だけど、ほんとのことだから』とか言ってて~、俺、あれ見てて…」

毒舌係長「なー。俺、あそこまで飛んでって、『泣いてんじゃねえよ!』って怒鳴りつけてやろうかと思ったよ」

男子「……」(←多分、可哀相だと言おうとしてた)

 …どんなにつらくても、この人の前では泣けないと思いました。



その他にも、

「フザケんな、あのカバ(営業部長)」
「あいつ(取引先)、俺が相模湖に沈めてやる」
「いい人でもバカはダメです。仕事できないから」
「『係長』なんて呼んでんじゃねーよ。そんなビンボくせー呼び方されるなら、タイトル返上してやる」
(↑でも返上しませんでした)

…などと、社内・社外問わず、暴言、枚挙に暇がありません。

ですが、めっちゃ頭の回転早くて、仕事できるので、なかなか誰も文句つけられないらしいです。
新卒への指導も厳しく、女子社員といえども、容赦なく怒られます。
中途でありましたけど、入社当時のフジヤマは、「叱られないようにしよっと」と、びくびく仕事してました。

 ★

 …フジヤマが入社三ヶ月ぐらいで、ようやっと仕事覚え始めた頃。

 仕事忙しくて残業してたんですが、その日は社内の大物の送別会で、皆そっちに出払ってしまいました。
 最後まで残っていた先輩も、フジヤマを心配しながらも、戸締りの仕方と、「なんかあったら、電話してね」と、携帯の番号を教えて、会場の近くの居酒屋へ行ってしまいました。

 んで、10時頃、やっと仕事終わったフジヤマが、教えられた通り、戸締りしてタイムカードがーっと打ってると、背後から階段を上ってくる音が…!

 ドロボウ? 侵入者? 痴漢?

 びびりながら振り向くと、そこには階段を上ってくる毒舌係長の姿が。

フジヤマ「(びっくりした…)あ、お疲れ様です。忘れ物ですか?」

毒舌係長「あー、いや、▲▲さん(先輩)から、『フジヤマさん、置いてきちゃった~』とか聞いて、マジかよと思って……」

フジヤマ「え! それで、戻ってきてくれたんですか!」

毒舌係長「いや~」(微妙に照れ)

 まるで、上京してきて、一人、つらい仕事に耐えている時に、実家(イメージ的に富良野あたり)のお父さんが、様子を見に来てくれたようです…!!
 お父さん…シノブ、一人で大丈夫だよ。
 でも、本当はちょっぴり不安だったの…(涙) 
 (BGMは北の国から) 



フジヤマの仕事は内勤ですが、営業とぶつかることが多いです。
部署の先頭切って営業と戦ってくれたのが、毒舌係長。
甘えられるのは嫌いだけど、頼られるのは好きという、不思議に面倒見のいい人でした。

で、長々と何が言いたいのかっつーと、「口が悪い人は、心は優しい」。

…という場合もある。ということです。

コメント

非公開コメント

ありましたね~

いい話じゃないですか!

その毒舌係長みたいな人、いますよね。そういう人に限って仕事が出来て、対応する人間や部下が大変だったり・・・・・・。

でもその温かさを兼ね備えている人って稀かなあ、と思います。大概が「口も悪くて性格も悪い。だけど仕事は出来る」なんてタイプが多いような気がします。

ふじやまさんはいい人に当たりましたね。

上司にハズレ歴の多い、バカッパでした。

Re: ありましたね~

>馬河童さん

そーなんですよね。
大抵「口悪い人は性格も悪い」だったりしますけど、たまーにそうじゃない(ところもある)人もいます。
仕事できる人って、確かに性格に問題ある人が多いような気もしますねー。

上司運って大事ですよね…。
馬河童さんも、次はきっと…!
私はちなみに、上司運はかなりいいです^^; 

わしもそ~思う

私を採用してくれた元店長がものすごい毒舌でしたね。今は、中部エリアナンバー2のエリートですわ。毒舌が出世するのは、ホントみたいです。それに次ぐ毒舌だと思ってたT店長もその毒舌元店長のいまや右腕ですし。

うんうん、その下で働いてた私たちは確かに大変でしたです。(実感)

でも、毒舌元店長がいたから、私今でも働けてるような気がしますよ。

No title

会社みたいに毎日会う場所ではその人その人の良い面、悪い面、
両方見えますよねぇ。。

いい人だ~

世の中には綺麗なことばかり言う腹黒い人もいるというのに...。この方、口が悪いけど嘘がないし、情が厚いし、素晴らしいキャラだ。観察し甲斐がある。いや、こういう上司について行きたい!!ふじやまさんいいですね。羨ましいねぇ。

Re: わしもそ~思う

>たすくさん

仕事できて、毒舌が冴える人って、たまにいますよねー。
仕事できなくて、毒舌ばっかの人(=ワタクシ)もいますけど…。

すでに異動してしまったあとでも、人望があるって、すごい店長さんだったんですねー。
私の元上司は、出世に興味ない人だったので、まだ現場で仕事してますが、仕事できる人が、ちゃんと上に行ける会社っていうのも、なかなか貴重だと思いますよー。
ウチは無能が上にいるんで、末路が見えてます…。あう~。

Re: No title

>杏さん

こんにちは~。
そうですね、会社勤めって、毎日顔合わせているんで、色々な面が見えてきますよねー。
睡眠時間を除けば、家族よりも同僚と過ごしている時間の方が長いような気がします。
ひえー。

Re: いい人だ~

>雨宮樹里亜さん

そーなんですよ。
上司運はいい方なんですが、最もすごい人でした。…過去形(涙)
毒舌がたたって、ついに隣の部署の草食係長とスイッチさせられちゃいました…。

「アナタについていきます!」とか犬的気分になったのは初めてです。
こういう人が監督とか隊長だったりすると、選手とかは力を発揮するんだろーなと思いました。

拍手へのお返事

>4/24 15:49に拍手&コメントくださった方

いや~、少女漫画に汚染されているかもしれませんが、正常です!
昔から「口が悪いけど、本当は優しい」って、少女漫画の王道だと思いますよ~。
私もかなり心の琴線に触れてます。
年が近くて、学生の時とかに知り合っていれば、即フォーリンラブだったと思います。
なんか、口の悪い人って、魅力的なんですよねー。

拍手へのお返事

>にいなさん

わー、こちらも覗いていただいて、ありがとうございます~。

ありえないくらい毒舌上司って、スゴイですね…。
そして今まで生きていた中で、一番怖いって…どんな人だったんでしょ^^;
でも、そんな人の下でバイトしたおかげで、鍛えられたかもしれませんね(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。