--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/10

【更新】 『山間の城の物語』 第二章 第2話

第二章・2話を更新しました。

http://ncode.syosetu.com/n0596e/novel.html
 ※18歳未満の閲覧はご遠慮ください。

1話だけじゃあんまりなので、わわわーっと書いたツナギの話です。
ツナギなので、あんま盛り上がりどころ無くて、すんません。
3話から頑張ります。

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

シークレットコメントへのお返事 >Tさん

お久しぶりですm(__)m
こちらのお話も読んでいただいて、ありがとうございます~!
そーなんです。一章書き上げる前から、二章の話はほぼできあがっていたんですが、その前に昔話を片付けて置こうと思いまして…。
そっちの方が思いのほか延びちゃったんですけど(泣)
しかもかなりマイナーな話のつもりで書いたのに、思いがけず気に入ってくださった方がいたようで、ちょっと二章書く上で、びびってます(笑)

あっちの話の終盤で出てきたアレが、おやぢだって、お気づきいただいてましたか~!
ありがとうございます。ちょっと嬉しいです。
こ…今後の展開、ご期待に添えるといいんですが…。
とりあえず3話を頑張ります! 
ぜひまたおいでくださいませ~。

布石は絶対必要ですから

あ、彼女だったんですね。納得です。なので1話の感情の流れはすんなり理解できました。やっぱ私は彼女目線なのかもね。

つなぎ必要ですよ~。伏線があってこその深みですから。冒頭の方の何でもないエピソードがちゃんと最後につながってると書き切れたときの爽快感は一度味わったら止められません。

これからも楽しみにしてます!

RE: たすくさん

引き続き2話も読んでいただいて、ありがとうございますー。
彼女だったんですよ。ううう、可哀相(ジブンで書いといて…)
彼女目線で読んでいただいたなんて、光栄です。さ、3話以降…大丈夫ですかね(汗)

やっぱり伏線が張ってあると、話に奥行きが出ますよねー。
ながーい連載ものだったりすると、読んでいる方も伏線忘れちゃったりするので、しつこいぐらいに張りたいんですが、あまり張りすぎるとネタバレになるので、加減が難しいとこですね。
そんなわけで、結構書き手の自己満足かもしれませんが、伏線片付けた時の爽快感、すっごくよく分かります!
おかげでちゃんとプロット練るようになりました。でへ。(前は勢いだけで書いてました…)

RE: 拍手へのお返事 >5/11匿名でくださった方へ

拍手、ありがとうございます~!
ご…ごめんなさい、そのまさかなんです。同じ人物です…。
あれから時間が経ったので、その間にあったことなどは、おいおい語っていきますが、あちらのお話は、侍女のやんちゃ(?)な昔話だと思っていただけると…。
って、その辺もこれからお話の中で、示唆できるように書いていきます!
何にしても気の毒でしたね、ごめんなさい~!!
今後、彼女がどうやって苦難を乗り越えていくか、見守っていただけたら嬉しいですm(_ _)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。