--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/15

裏話 2

「魔女とコヨーテ」2話の裏話です。

cardona.jpg


しつっこいですが、完結まで読了されていない方は、一度本編をご覧いただけると、うれしーです。

※以下、ネタバレ含みます!!

↓↓↓

1話ではコヨーテの「コ」どころか、魔術の「ま」の字も出てこんかったので、かなりプロローグ的なお話に終わりました。

ライトノベル的な部分もある話ですが、5話でちょっとうだうだ語らせていただいている通り、魔術というものの扱いが重い世界です。
このへんも色々考えているので、だーっと語らせていただきたかったのですが、5話では結構、古代帝国の話とかダラダラ書いているので、それ以上書いては「世界観マニュアル」みたいになってしまうと思って、省きました。

でありますから、魔術師であっても、魔術を簡単に使ってはイカン世界なんです。…のつもりで書いてたんです(泣)
仕返しのためにひとんちに鴉呼びつけたりとか、川で魚獲るために術を使うってのは、良識ある魔術師はしません。
1話の冒頭で男に襲われているシェリルですが、この時も魔術を使ってません。咄嗟に使えるもんでもないんです。
そんなわけで、1話は名ばかりの魔女だったわけですが、2話でやっと魔術が出せました。

1話がちょっと淡々としすぎてたので、2話からはシェリルの特徴をアホっぽく描写してみました。
顔のいい男に惚れっぽいとか、ちょっと強引に迫られると、すぐフラフラしちゃうとか…。
こういう特徴って、私は可愛いと思うんですけど(自己弁護)、人によってはいーかげんに見えたりするので、匙加減が難しいですねー。

夜営の時もウォルター君に抱え込まれて、ついついそのままになっちゃってたあたり、まー意志が弱いなーと思えます。
マライアさんだったら、「何すんのよ!」とかすぐに大声あげて、張り手のひとつもかましてやるんでしょうが、シェリルはダメダメです。
この辺の油断が、「山間~・二章」での災難に繋がっていくんでしょーね…。

でもこういう、愛とか恋とかではないけど、単純に異性に対する好奇心って、年頃のムスメさん(ムスコさんもね)なら、あると思います。
要するにスケベ心。上品に言えばときめきですが…。年頃じゃなくてもあるか。
好きじゃなくても、魅力的な女の子に惹かれちゃっても、男ならすんなり「あー、男だしね。若いしね」で許されるのに、逆のことが女の子で起こると、「好きでもないくせにだらしない」「ふしだら(?)」とか思われちゃう(特に同性に)こともあるので、シェリルはあんまり好かれないんではないかと思ってました。

…この辺に関しては、言いたいことはあるんですが、以降は「山間~」の続きで表していけたらなーと思います。


読んでいただいている方に、「コヨーテ」=ウォルターだと思わせたかったのですが、前半の構成をもう少しなんとかして、もっと自然に持っていければな~と、今となっては思います。
後半ちょっと、あれよあれよという間に話が進んじゃった気がしたので…うーん。
またしても「だまされたと思ったら、さらにだまされた」というパターンですが、本物のコヨーテ君登場の場面で驚いていただければ、幸いです。

2話のラストは、6話のラストとかぶらせてみました。

2話は、けっこー考え込んだので、裏話、長っ。
それでも今思うと、あーすればよかった、こーすればよかったと思うところ、かなりあります。
私はリライトしない主義なんですが、一度書いたお話を、大幅に修正した「完全版」とか「訂正版」とか執筆する方の気持ちが、よーくわかります…。

コメント

非公開コメント

シュリルは~

なるほど、それで山間~では魔法を使わなかったんですね(ふむふむ)。
自衛する分には構わないと思うんですけどお。シュリルは好奇心旺盛な子だとは思っていましたが、割り切ることがなかなか難しい娘っこだと読んでいてその辺はイラッとくるかな。でも、それってフジヤマさんの思う壺何でしょうね~v-14 大人になったコヨーテ君も読みたいけど、山間~では、もう別の世界へ旅立たれた?

今晩は~♪
う~んよく分かります。なかなか苦労が伺えます。
シェリルについては流されやすいこの感じは反感よりも可愛いんじゃないかと思いますけどね。まぁ自分もそうだからそう思うのかも(笑)
私もリライトしない人なんですけど、やっぱり初期の作品は追加執筆したい気持ちは強いですね。
後は時間との戦い?
時間がなければそんなことできませんからねー。眼先は次のことにどうしても向かっちゃいますから!
でもやっぱり処女作なんて恥ずかしい感じで、公開するの一旦やめちゃおうかと思ってたんですけど意外とまだポイント稼いでいたりして・・・分からないものです。

RE: UTAさん

こんばんはー。
そーですね~。「山間~」で不意打ちされた時は、もう魔術どころじゃなかったと思います。
指先ひとつで火の玉起こせるのではないので…このへんの屁理屈とか、結構考えたんですけど、本文に入れ込むと話がムダに長いかな~と思いつつ、ブログでブツブツ言ってたりします。まー、本文で上手に表せる文章力がありゃいーんですけど…

シェリルは複雑な人なので、色々ウダウダ考えちゃう女ですよねー。思うツボです。けけけ。
でも書いている方としては、レジーナみたいな単細胞の方が扱いやすいです^^

コヨーテ君、別の世界へ旅立ちって……え、死後の世界??(笑)
ヤンキー時代(?)よりもっと若いコヨーテ君の話は、外伝で出てきますです。

RE: 泉怜奈さん

こんばんは~
ム!男!…って警戒しちゃうよりは、ちょっと好みだとふらふらっとしちゃうのも、可愛いですよねー。
ほんと…私もそうだから、必死です(笑) 毅然とした女の人もカッコイイですけどね。
でも自分が男だったら、近寄りがたいなーとか思ったりもします。

やっぱり初期のものは直したいですよね。
私は誤字脱字が多いので、しょっちゅう訂正するついでに、気になるところはちょこちょこ修正いれてます^^;
でも大幅な加筆修正とかはする時間ないですよね、やっぱり。
それより新しい作品を書きたいです♪

怜奈さんの処女作って…Love affairのREINAでしょうか? 次、読もうと思ってま~す。

ははっそうです~
いやぁ~お恥ずかしいです・・・
っていうか結構エロエロ路線です。
お好みに合えばいいんですけど(笑)
まぁ基本、エロい恋愛小説ですけど私が書いてるのは・・・
本心ではこれ・・・一番最後に読んでいただきたい感じです。

やっぱり……

あれはシェリル嬢だったのですねえ。
と、いきなりお邪魔いたします、可芳です。

『山間の~』更新されたと伺い、いそいそとお邪魔したところ、いきなりあの場面、そして、どこかしら覚えがあるような女の子……いえ、ご婦人。
「もしやこの娘?」
と、思っていたのですが。
彼女も災難ですよね、色々と(汗

ロデリック氏は、コヨーテ殿と関係があるのでしょうか、他人の空似? これからシェリル嬢はどうなる? と、彼是思いを巡らせつつ、次の更新をお待ちすることとしますv-222

Re:泉怜奈さん

まだ初めの方ですけど、むしろエロエロ路線で、いい感じです(笑)
いや、途中まで読んで「あれ、これREINAって…じ、実話?」と思って、もしや処女作ではと気づいたんですよね~。

>本心ではこれ・・・一番最後に読んでいただきたい感じです。

え、それなら、先にサイコパスの第二弾の方を読ませてもらおうかしら…。

あ、そういえば、悪女の条件、もうすぐ完結ということですね!
…って、もう完結したんでしょうか(汗) アメブロの方覗いたら、裏話の記事が載ってたので、先のストーリーが分かってはいけないと思って、慌ててバックしました(笑)
各所で人気爆走してましたね~!
こちらもまだ途中なんですが、完結されるそうなので、近々読みたいと思います♪

スイマセン何度も。

>途中まで読んで「あれ、これREINAって…じ、実話?」と思って、もしや処女作ではと気づいたんですよね~。

鋭いですね!ふじやまさん。
半分実話半分作り話です(笑)それを最初公表してたんですけど、途中で恥ずかしくなって、伏せました!
どこまで本当でどかまでが作り話かは全部読まれてない今話せませんが・・・(笑)出来るならこれはほんとすっとばしてほしいーーーなんて思うほど恥ずかしいです~って言うと、ますます読みたくなりますよね・・・きっと・・・笑

「悪女~」はお陰さまで完結いたしました!長かったです~これのお陰で集客が最終3倍に膨れ上がりました・・・自分では「ええええっ!」って目玉が飛び出る勢いでびっくりしましたよ。笑

出来れば次回はこちらをお読みいただきたいです~わがままを聞いていただけるなら・・・(恐縮)

re: 山名可芳さん

こんばんは~。こちらにもご訪問、ありがとうございます~!!

そうなんです、気の毒なムスメさんは、シェリルでした。
相変わらずロクな目に合ってないです。ううう。(←他人事)
実は当初はもっとヒドイ目に合う予定だったのですが(鬼か!)、「魔女とコヨーテ」書いてて、私自身感情移入してしまったのと、読者の方に思ったより気に入っていただけたので、微妙に修正しました。あ、あれでも…(汗)

コヨーテ君と似てるらしいロデリックですが…。
あー…それについては…そのうち…(汗汗汗)うううう。
いやー…コヨーテ君もあんなに気に入ってもらえるとは思わず…。あーうー。
が、頑張ります!!!

いや、でも、お忙しいのに、読んでいただいて、ありがとうございます!!
体に気をつけてくださいね~。私もここんとこ、三食デスクで食べてます(泣)

Re: 泉怜奈さん

いーえー、何度もコメント、嬉しいです!

や、やはり…。同じ名前だから、そんな気がすると、なんとなく思っただけなんですが…。
どの辺が実話なんでしょう…。
読了したら、後学(?)のために、ぜひ教えてください!(笑)

「悪女の条件」、やっぱり完結したんですね。
読了していないくせになんですが、おめでとうございます~!
それでは、オススメにしたがって、「悪女~」の方から読ませていただこうかな。

いやほんと、どこへ行っても大人気の作品なので、後回しにしようと思ってたんですよ~。
好物を後に残す、悪いクセです^^;

私もバリバリ警戒してるような奴よりふらふらと行くほうがかわいいし、好きですよ。

>2話と6話のラスト…
それ、何となく気がついたんです。だから、「そうなるな~!」って叫びながら読んでました。「ちゃうやろ、それって。」と何度もつぶやきながら読了しました。

あ、横スレになりますが、好きなキャラほど苛めたくならないですか?私の場合、香織がまさにそれでした。

Re: たすくさん

そうですよね~(ホッ)♪
誰にでも尻尾振ってる女の子は、行き過ぎると「あん?」って思いますけど、目を血走らせて警戒している女性より、ちょっとよろよろしちゃう子の方が、可愛いんじゃないかと…。
…シェリルはまた、ビミョーなとこなんですが。ううううっ。

あっ、2話と6話、気づいていただいて、嬉しいです♪
6話の最後は、言い回しまでずーっと前から考えてたんですよねー。

>好きなキャラほど…

分かります!
香織さんは「いと」に出てくるんでしたっけ。まだ途中なんですが…どんな目に合うんでしょ(怖)
私は女性キャラは、どーしても追いつめたくなります。(どS?)
千尋の谷から突き落とされて這い上がって来い、的な…。

逆に「愛される幸せなお姫様」系の女性は、なかなか書けないんですよねー。
逆ハーレムものとか、読むのは大好きなんですけど、自分じゃぜんっぜん書けないんです…うー。

シェリルは可愛いですよ~。
欲求に素直なとこ、かわいー。
「あの男が誘ってくるから~」とか男のせいにしないから、ぜーんぜん許せます(笑)
そんなコトを口にしたら、頭突きかもしれませんが♪(私はマライアタイプの人間でしょう、たぶん~)

あ、私、コヨーテ=ウォルターだと信じて疑ってませんでした! 
だから、超驚きまして…ははは…

RE:RUMYさん

こんにちはー。
あー、そうそう、「あの男が誘うから~」とか言っちゃうのは、かなり印象悪いですよね。
スキがありすぎると、ロクなことにならないんですけどねー。

RUMYさんはマライアさん系列ですか~。
なんとなくイメージ沸きます(笑)ジェニーに近いタイプでしょうか。
シェリルも、ジェニーみたいに、もうちょっと毅然としてれば、あんなことには…(泣)

あ、2話、驚いていただいて、ありがとうございます♪
「ウォルター=コヨーテってことは、奴がこの話のヒーロー?」と思っていただきたかったんですー。
本物のコヨーテが出てきて、お前、どっから出てきた誰やねん的に驚いていただきたかったので、嬉しいです(笑)

ごぶさたです
あの最終回以来、「好きなのに別れなきゃ行けない・・・」ということについて、いろいろ考えていました。。。
私のリアルな恋愛に影響を与えそうなぐらいに 笑
小説に思い入れしすぎてしまうのが私の悪いところかも><


けれど またシェリルに会えて嬉しいです^^

そして私の願望ですが、
コヨーテと再会して・・・という甘い展開を期待しまくっています 笑
まあ、私の勝手な妄想なので、気にせず!??

とにかく!!!今後「山間~」期待しています!!
がんばって★

RE:にいなさん

こんにちは~、コメントありがとうございます♪

異世界の話ではありますが、現在でも「好きだけど別れなきゃいけない」時って、ありますよね~。ううう。
恋愛を人生の主軸に置くか、華やかな添え物にするかっていうのは、結構時代が変わっても、普遍的なテーマだと思います^^;
私もすぐ本や映画の影響を受けちゃう方ですよ~。感情移入しすぎちゃうんですよね。

でっ、でも、にいなさんは早まらないでください~(笑)

「山間~」の方も読んでいただいて、ありがとうございます!
こっちのシェリルは、また状況が違って、良くも悪くもちょっとだけ大人になったので、今後も大変だと思いますが、引き続き見守っていただければ幸いです♪
今後も頑張ります!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。