--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/20

【更新】 『山間の城の物語』(R18) 第二章 第12話

『山間の城の物語』(R-18)を更新しました。

第12話「深淵」
http://ncode.syosetu.com/n0596e/novel.html
※18歳未満の方は、閲覧をご遠慮ください。 


…すみません!
前回の記事のコメントいただいた方へのお返事が遅れてしまっていますが、事情があって、更新を優先させていただきましたm(_ _)m
ご、ごめんなさい
コメントいただけるのはとても嬉しいというのに、返事遅らせやがって、私のバカ~~!!


<<7/27 追記>>

すみません、諸々の事情により、13話の更新は、8月の2週目になる予定です。
微妙なところなのに、ごめんなさいm(_ _)m



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

U25 vs M.A.C.

ふじやまさん、こんばんはー★

うひょひょ~血沸き肉踊る展開ありがとうございます!
あーもう、テンション上がりっぱなしですYO♪♪♪

あの甘い甘~~~い台詞は本当にロデリックが言った言葉?
それとも独り善がりエロ娘の妄想?
どちらにしても、胸が絞られるような気持ちになりますね(ノÅ`。)グスン

が、劇的展開★でロデリックがあんだけカッコよかったのに、やっぱりオッサンに目が行く私は邪道な読者なんでしょうね~笑
参加しなかったのは余裕を気取った体力温存か?と、真っ先に考えてしまいました。
笑うシーンじゃナイナイ!と自分に言い聞かせつつも、スイマセン、耐えられませんでした。爆笑。
でもって、ぷぷぷ、U25パワー×2にびびっていらっしゃいますか司令官殿?
まぁM.A.C.(ミドルエイジクライシス)を自覚される良い機会かと思いますよ。

忘れちゃいけないレジーナお姐様。
あの後、どちらへ向かわれたのでしょうか。
って見当つきまくりなので、実際何する・されるかって方が気になってるんですが。

で、もしシェリルとロデリックが西側の伝説通りのことしちゃったら、オッサンの予感的中、ってことになるんですかねぇ。
まぁでもそれはそれで事後処理がめんどくさそうだなぁ。
オッサンは食い物と女を与えておけば、とりあえず、まぁまぁマトモな軍人の部類に押しこむことができますけど、代わりに来るヤツがオッサン以上のクサレ外道じゃない保障はありませんしねぇ…
少なからずレジーナお姐様にも責任ふっかかるだろうし。
そうなったら、ニコラス、がんばれ!←他人事♪

まぁヤられるのがオッサンだけなら問題ないんだけど、ニコラスやガブリエルまで巻き込まれちゃうのはヤダなぁ。
(ってか、ニックとガビィ、最近見かけませんが、元気してますか?)

第2章クライマックスに向かってますね。
うはー毎週楽しみです( ^p^)

が、ふじやまさん、お仕事が大分忙しそうですね(;・3・A
夏バテなど体調を崩しやすい時期でもあるので、ご自愛のうえ執筆がんばってくださいね~♪

Robin62

イク?

魔女とコヨーテで、かなり濃厚な場面でも、シェリルがエクスタシーに達した描写がなかったので、この話のキモの一つはシェリルが如何にしてイクか、なのかなぁ、と思いながら読んでました。
最後まで『ハメながらイく』描写がなくあれ~と思ってましたが、今回のシーンのために残されていたんでしょうか。
ていうか、イッたんでいいんですよね。今回。
むちゃくちゃ恥ずかしいコメントなので、シークレットにさせて頂きます><。

RE:7/20にシークレットコメントくださったNさん

コメント、ありがとうございます~!
こちらこそ、いつも読んでいただいているNさんが大好きです♪

ほ、ほんとにとんでもない展開でしたね…。
一応この話「ロマンス」とかいうジャンルに入れてたこともありましたが、マジでその看板下ろさないといけないと思いました。
ロマンス小説ファンの方、すみません。さようなら、ロマンス。

後半は、「魔女~」を読んでいただいた方には、思い出深く読んでいただけたら幸せです♪
…で、ですが。
色々と事情も変わっているので、どうなるんでしょうねえ^^;
例によって流されちゃったシェリルですけど、ロディの事情も何も聞かないままでよかったのかどうか…。


そーですねー。
めぐり合わせというか、運命というか…。
言ってみれば全て偶然ですけど、だからこそ何か縁みたいなものはあるのかなーと思ってます。
そのへんも、このお話(シェリルだけじゃなく…)のテーマだったりしますので、私も日々ツラツラと考えてますよ~。

シェリルたちは自分の器量とかを知りすぎていたので、尻込みしてしまったとも言えるんですが…。
時にはそういうことも必要かもしれませんが~…
覚悟が決まったなら、突き進んでいくことも必要かな~などと思います。そうじゃないと、人間、縮んでいくばっかりなんですよね~。
…てなことも、作品の中で、いずれ(笑)
Nさんも頑張ってください!(≧∀≦)ノ

仕事の方はヘンな人に囲まれてますが、何とかやってます。
どMなので「ああ、忙しい。ああ、不幸~~♪」とか騒いでるのが結構楽しかったりします…。
ほんとに忙しい人は、まあ愚痴る余裕も無いというか、ある日いきなり毛が抜けたりするらしい(!!)ので、それに比べればまだ余裕があるんでしょーねー。
会社にヘンな人が多いので、ついブログのネタにしてたりしますが、楽しんでいただけたら嬉しいです!

お話書いているのは幸せなので、今後も頑張りま~す。


RE:7/20にシークレットコメントくださったTさん

読んでいただいて、ありがとうございます~!

グレン…変質的でしたねえ。
多分、エロオヤジの方は三人一緒(笑)でもよかったんでしょうが、ロディは嫌がったでしょうね。ケチなので…。
お気に入りのオモチャを見せるのはいいけど、触らせたくない! みたいな…。子供…?

グレン、完全に昔のことを思い出してはいないようですが、なんとなく引っかかったみたいです。
…ちっ、運のいい奴め。
グレンが諦めずにガチバトルになってたら、どうなったんでしょーね。

>体が…
そうでしょうね~。主にシェリルの方が…。

…ですがしかし、そーなんです。(また指示語の多用…^^;)
やはり性格はそう簡単に変わらないというか、相変わらずのダメっぷりです。
(意外とTさんと同じところに引っかかった方、少なかったです…)
恋愛ロマンスでしたら「ずっとキミを愛していたよ」ということになるんでしょうが…。
ちっとはRさんを見習えたらいいんですけどねえ~~。
すみません>_<。。 …さようなら、ロマンス(泣)

ロディはがっついてるわけじゃないですが、自分に興味がありそうな女を見かけると、ちょっかいかけずにいられないみたいですね。
ビョーキなのか、「もったいない」という貧乏性なのか…。困ったもんです。(他人事…)

RE:7/20に匿名でシークレットコメントくださった方

コメントありがとうございます~!

流されやすいシェリルは気の毒ですねえ。
かつてはしっかりあった足場が、今不安定なので、グラグラしているみたいです。
シェリルに限らず、このお話の女性陣は、どこかに支えがないとつらくなっちゃう人たちなので、
まー支えなんか必要としていない(ように見える)グレンやロディと比べると、可哀相ですね(´ω`。)

シェリルも、グレンの言っていたことを聞き逃してはいないので、夢と現実は違うことは分かっているでしょうけど、今後どうするんでしょうねえ。
…なんていう、突き放した展開が多いですが、「実録! 不幸な女たち!」みたいな作品でもないので(多分…)、引き続きお付き合いいただければ嬉しいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RE:ロビンさん

コメントありがとうございます~~♪♪
お返事遅れてしまってごめんなさいm(_ _)m

もはや恋愛小説★…からは遠く離れてしまった展開でした。
最後の独り言は、どっちかというと、エロ娘の妄想…っていうか夢…かもしれません。
あれを支えに、お城に来るまで一人で頑張ってきたんでしょーねー。

お邪魔虫以外のなにもんでもなかったグレンに注目していただいて、ありがとうございますー。
オヤジ、前々回に「昼間疲れた」とか言ってたので、二人を見つけた後も、即乱入はしないで、ちょっと休憩。
様子を見ているうちに、U25たちは勝手に盛り上がり…気がつけば、むしろ見てる自分がオカズにされてる…?
あ、ちょっと置いていかれた感が…。お前ら、主役はダレだと思ってんだコラ。(オメーじゃねーよ)
慌てて剣を抜いて脅してみたものの、二人に睨まれてちょっと竦み足…退散。
──以上が今回のエロオヤジでした。

…カッコわる(泣)

レジーナさんの向かった先は、ご想像通りだと思います♪
何するんでしょうねえ…。って、大体その辺もご想像通りだと思いますが…^^;
シェリルに比べたら、まっすぐで分かりやすい人ですねー。

そしてロディこそ、どういうつもりなのか、何考えてるのか、記憶障害なのか、人格障害なのか、悪い霊にでも取り憑かれているのか…。(昔からか…)
なんで彼がグレンの下についているのかも、分かりませんね。

①グレンに一目ぼれ
②恥ずかしい写真を撮られて脅迫されている
③キルフェボンのタルトとひきかえに魂を売り渡した

…私だったら③で屈服します。

副官という立場なので、ロディがその気になれば、オヤジの始末は簡単なんでしょうけど、何考えてるんですかねえ。
で、シェリルとロディが手に手をとって駆け落ちすれば、彼らはハッピーエンド(?)ですけど、残されたレジーナさんが、確かに大変かも…。
それに今のシェリルとロディが逃避行しても、また同じことになるかもしれませんねー^^;

そーいやーニコラス、最近姿を見せていませんねえ。
そして道路工事に出かけちゃったガブリエルは、もはや音信不通です…。
落石事故とかに遭ってたりして…何しに出てきたんだ…。

第二章はあと二話……の……予定……です。
に、二話で…終わる…かな…。いや、終わるはずです。きっと。

うう、ありがとうございます~!
PC環境がちょっと変わって、執筆に使える時間が減ってしまったので、更新もちょっと間が空きがちですが…。
夏バテ…および夏太りに気をつけて……って、三連休で1.5キロ太りました…手遅れ…。
健康的に痩せつつ、執筆も頑張ります~!

RE: 拍手お返事 >7/20に拍手くださったMさん

拍手、ありがとうございます~!
ごめんなさい~。コメントにお返事書くのも大好きなので、できれば早く書きたかったのですが…。
実家でゆっくりPC使える時間が減ってしまって、ちょっとかなしーです><
かといって、おやつの時間に会社でエロ話を書くわけにもいかず…うう。すみません。

今のとこシェリルは振り回されてばかりですね。
レジーナさんもそうなんですが…やっぱり、気合いというか、根性がシェリルとは違いますねえ。
敵(グレン…?)を倒して、メデタシメデタシ。
…というわけにもいかないと思うので、今後も彼女も大変だと思いますが、引き続き見守っていただけたら嬉しいです♪

RE: 拍手お返事 >7/20に拍手くださったSさん

拍手、ありがとうございます~!
こちらのお話も読んでいただいて、ありがとうございます。
驚いていただければ幸いです^^;

ご想像の通り、彼にも色々ありまして…例によって、大した事情でもないんですが(笑)
今まで何してたのかとか、なんでこんなとこにいるのかとか、何考えているのかとかは、今後にぽちぽちと出てきます。
引き続き読んでいただけたら嬉しいです♪

RE:7/21に シークレット(?)コメントくださったYさん

コメント、ありがとうございます~!

ううう、そんなところまで読んでいただいて、嬉しいです♪♪ 
そーなんですよ。おっしゃる通り、シェリルがいかにして一線を越えるかも、「魔女~」のキモでした。
微妙な描写が続きましたが、結局シェリルは第六話の終盤まで、一度もGO(なんだ、GOって…)してないんですよねー。
で、その後も結局、合体しながらゴールテープを破ることができず……で、あの話は終わってたんですよね。
ご想像の通り、続きは「山間~」のためにとっておいたんです(笑)

世の官能ロマンスでは「愛があれば必ずカミング。愛こそ最高の媚薬」みたいな法則(?)がありますが、まー愛だけで到達できりゃ世話ねーよとか、常日頃から思っていた次第(ガラ悪)ですので、「魔女~」ではそのあたりも、ちょっとだけドライに書いてみました^^; 
当時のシェリルは、いくらエロいとはいっても、まだ若かったですしね~。
体調、体質のほか、相手との相性、経験、お日柄(?)など、色々な条件があると思いますが、シェリルはどMなので、今のとこ相手から命令されないとダメみたいです~。
グレン君はとーぜんそれを知らなかったので、「山間~」二章3話・4話では未遂(?)に終わってます。(←グレン的には、ちょっと面白くなかったかも…)
ロディはそれを知っていたので、見事に光(?)を呼び込めたわけですが…

グレンが出て行ったあとは…実は、一緒に山頂にはたどりついていません。
描写が曖昧ですみませんでした~(>_<; シェリルは多分、八合目ぐらいだったと思われます…。
続きは…今後のためにとっておいてあります(笑) 

長々とすみません。
いかに伏せ字を使わずに表現するかってことにチャレンジしてたら、意味不明なコメントに…(汗)

でっ!!

…実はYさんのコメント、シークレット設定になっていなかったのですが…^^;
「シークレットで」ということだったので、このまま「未承認」にさせていただきますね。
…でも、決して承認していないわけじゃないです! むしろ大人コメント大歓迎です(笑)
もしオープンにしてよろしければ、お知らせください♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RE:拍手お返事 >7/21に拍手いただいたSさん

拍手、ありがとうございます~!
シェリル…複雑な人ですが、そんなに気に入っていただければ幸いです>_<。。
一緒に一喜一憂していただいているなんて、書き手としては夢のようですが…「魔女~」の終盤や「山間~」二章は、かなり体力を消耗されたと思いますー。(特に今回…)
できることなら、そうやって読んでいただけたらと思っていましたので、コメントいただけて、本当に嬉しかったです!!
ままならないことも多いですが、それでも頑張っていかなきゃ、何も変わらないと思うので、引き続きシェリルを見守っていただけたらさらに嬉しいですm(_ _)m
私も今後も精進します!

やっぱり

なんかシークレットになってないような...と思ってましたが、案の定でした。うわ(恥)。死んで生まれ変わりたい(爆。
んで、もう恥ついでに公開コメントでいいです。
そうですか。八合目でしたか。ちょっと残念。ロデリック君も大概お早い?のでしょうか。修行あるのみですね。<-何の

実は私『山間』では、余り官能を今まで感じられなかったんです。(すみません)。今まではグレンに興味なかったからかもしれませんが、どんなに濃厚な場面でもなんとなく読み進んでいたというか...
いつものヌルい手順でも『魔女コヨ』のシーンのほうがずっと官能的だったんですよね。
多分何らかの情を感じないと、私はそそられないのかもしれません。
でも、今回のグレン、ちょっとクるものありました。危険を察知する動物的な勘と妙なプライドなしに撤退できる判断力。少しだけ萌えました。
萌えた状態でもう一度読み返してみます。きっとひと粒で二度美味しいです。(?)
イミフなコメントですみません。
ついでに、シェリルの夢のコヨーテのセリフでげげっとなってしまった自分の萌えポイントも大概イミフですね。
『魔女コヨ』って...。自分で書いておきながら、海老マヨみたい...

RE:シークレットコメントいただいたMさん

こんにちは。お知らせ、ありがとうございます!

お名前のところにリンクが繋がっていたので、早速訪問してみましたよ~!
ご自分でウェブサイト作ったんですね、すごいです~~~!!☆
しかもキレイですね♪ イメージ画像みたいなのも素敵です。

あらすじ文を読んだだけですが、ちょっとシビアな感じのお話みたいですね。
タイトルからしてどすーんと来る感じで…こういうの大好きです~♪
弱さや汚さ、人によってぶれる倫理なんかが書き込まれた、シビアなフィクションって、苦手という方も多いでしょうけど、私は好きなんですよねー。
確かに好みが分かれるところだと思いますが、私は応援してますので、頑張ってください!

ううう、とっても光栄なお話で、ありがとうございます(ノД`)。。。
私も小説は昔からガリガリ書いてたんですが、人に読んでもらおうという発想はゼロでしたよー。
ネット小説も、最初は読むの専門でした^^;
「うお、すごい!!!」と思うような作品をいくつか見つけたんですが、やっぱりファンタジーを舞台にした、そういう作品の数は多くなく、更新の頻度も低くて、「もっと読みた~い」と、やきもきしてたんですよ。
で、いっちょ自分で書いてみるかと思い至ったわけなんですが…。
あのお話を読んでいただいて、同じように感じていただけたなんて号泣ものです!

私も普段読んでいる本や、初期に読んだネット小説さんの影響は、ものすごく受けてますよ~。
言い回しとかも「あ、これ、あの本と似てる…いや、同じ? わー許してください。でもこれ以外の表現を思いつきません」とか、日々ごわごわしながら書いてます(笑)
他のフィクションからインスピレーションもらうことは、よくありますよね。
一から物語を捻出する才能も無いので、私のも、外から取り込んだやつを自分流に消化して、またアウトプットしている感じです^^;

グレンみたいな奴…頑張って打倒してください(笑)! 楽しみにしてます♪

読むだけでなく、書くとなると、難しいですよね~。
私も最近ボキャブラリーが枯渇気味なので、書くペースちょっと落として、本を読んで感性チャージしてます。

リンクもありがとうございます!!
とても光栄ですー(>_<。)。。。
本文が掲載されましたら、こちらのブログからもぜひリンク貼らせていただきますね。
あ、それから、私も『人間失格』好きです。「恥の多い生涯を…」からして、もう腰くだけです。
太宰はいいですよねー。(「魔女~」の五話は、『走れメロス』失敗版…)

本文のアップを楽しみにしていますね。
頑張ってください! 応援してまーす(≧∀≦)ノ

RE:7/23に匿名でシークレットコメントくださった方

コメント、ありがとうございます~~♪
忙しいフリをしているだけなので大丈夫です(笑) むしろ嬉しいですー。

で、ご質問の件なのですが…
すみません、ご想像の通り、別人です。紛らわしかったですよね~(>_<)

今思えば、副伯じゃなくて、男爵にしておけばよかったですね。
でも、三話・五話でも男爵が出てくるので、男爵だらけでイモ食べたくなるしとか思って…(なりません)
ヨメが金髪っていうのも、シェリルの金髪コンプレックス(?)を出したかっただけなんですよね~。赤毛か黒髪にしておけばよかったです。
ちょっと共通点が多いので、いつかどなたかからお問い合わせがあるかと思ってました~。

固有名詞をつけておけば避けられた混乱なんですが、カタカナが氾濫するのは避けたいと思っていたので、なるべく出さずに済ませたかったんです…。すみません~。
計算していただいた通り、あれから6~7年経ってます。あの時の奥様は、当時十四歳という設定だったので、今、ハタチすぎくらいですねえ。
そんな昔のことまで覚えていただいて、ありがとうございます♪
「魔女~」は後半が強烈だったので、序盤のほのぼの(そうか?)したところは、もう忘れられてしまったと思っていました。
シェリルのそっくりさんも、どうしてるんでしょーねー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RE: YA-NOさん

こんにちは♪
お言葉に甘えて(?)、コメントを承認させていただきました。
私もたまにやります(笑) チェック入れたつもりが、入っていなかったりするんですよね~。

会話は結構くだけた表現入れてますが、地の文は、カタカナとか現代用語を多用すると不自然になるので、なかなか表現しづらいですね~。
今、「八合目」にあたる表現考えてて、いいのが浮かんだら修正しようと思ってるんですが、なかなか…^^; 修行が足りません。

そう!
そうなんですよ。
「魔女~」でもキホン、どちらかの視点でしか描かれていないので、客観的にコヨーテ君が早いか遅いかっていうのは、分かりづらいですよね(笑)
「魔女~」では、シェリルは他の男と比べようがなかったので、そのあたりについてはコメントもモノローグもナシですが…。どーなんでしょー。
どちらも修行あるのみですねえ(笑)

「山間~」の方は、微妙に精神的SM要素が入っているので(特に一章)、人を選ぶだろうな~と思っていました^^;
いわゆるロマンス小説で、ヒロインが嫌いながらも、魅惑的なヒーローに屈服していくのとはちょっと違って、「ほんとヤなやつ」にほんっとに屈辱的ながらも、ちょっとだけ引っ張られるところを書きたかったんですよね~。
そんなわけで、おっしゃる通り愛情的なものは、二人の間には(シェリルとグレンの間にも)、ほとんど無かったんですけど、やはり情がある方がそそられますか~。
「魔女~」では、確かに毎度同じメンバー(?)で同じことやっているので、読んでいる方が飽きないかなとは思っていたんですが…ご意見、とても参考になりました♪

今回のグレンは、かなり二人の引き立て役っていうか、脇役的役回りでしたが、ちょっとでも萌えていただければ幸いです。
ロディというより、シェリルを警戒したようですが、ほんとに動物の勘ですね。
プライド高いようでいて、元傭兵なので、やはり命が一番大事みたいです。

萌えポイントってありますよね~♪
私は見た目と中身にギャップあるキャラが好きなんですが、それも色々条件つきますからねえ…。言葉にせよと言われると難しいですね。

「魔女コヨ」は、「魔女~」を書いている間じゅう、私の頭の中にも広がっていた略称でした。
なんか、発音すると脇の下がくすぐったいかんじです。
海老マヨにも似てますね! 食べたいです…。海老チリは苦手ですが、海老マヨ好きなんです~。

RE: 7/26にシークレットコメントいただいたAさん

こんにちは。コメントありがとうございます♪

私もお返事書いているのは楽しいので、コメントいただけて嬉しかったです。
とにかく書くの好きなんですよねー。写経とかお詫び文みたいに、決められたこと書くのは嫌なんですけど…^^;

そうです!
一番最初に書いたのが、『冒険の合間~』でした。
RPG風のファンタジー世界を舞台にした、R18のお話を探していたんですが、なかなか見つけられなかったんですねー。
現代を舞台にしたお話は、「ぬぬぬ」と唸らせる、面白いお話が結構あったのですが、舞台がファンタジーとなると、私にはちょっとスイートすぎるかな、というお話が多かったので…。
「ラブ」に焦点が当たってて、官能はオマケの尻尾みたいにくっついてくるような話じゃなく、官能にがっぷりと組合いつつ、そこに色々と情が絡んでくる…みたいなお話が読みたかったんです。

そんなわけで、「冒険~」の方も、普通の女子向けのR18恋愛話であれば、最後、シーマスが…「実は前から好きだったんだ。そして今…愛している」とか「抱いている内に、惚れちゃったみたいだゼ」とか言ってくれるんでしょうが…。
そういうお話も嫌いじゃないんですけど、ちょっと食傷気味だったので、そんなこと言いっこねー奴をメインに据えてみました(笑)
その後に書いた「山間~」も「魔女~」も、同じくヤな奴らが出張ってくるんですが、お気に召していただけたら幸いです>_<。。

コメントは、最初、ごわごわですよね~。
自分も書く立場になってみて、どんな感想でもいただけたら嬉しいもんだなーと思いました^^
もちろん、人によると思いますが、古いお話の感想をいただけるのも、すごく嬉しいです!
今より未熟だった作品に対して、感想くださったってことですし~~。

スクロールは本当に悩みどころです(笑)
一話あたりの長さを短くすると、当然話数は増えるわけで、それもどうもなーとも、最近思ってます。
目次ページがづらづらづらーっと長いのも、なんだか読む立場としては、腰が引けちゃう感じですよねー。
「山間~」も先が長いので、二部に分けようかなどと今さらながら思ってます…。

今回のお話も読んでいただいて、ありがとうございます。
お邪魔虫(?)がいたので、色々な意味で落ち着きませんでしたね~^^;
ロディはやることやったら、さっさと消えちゃうし…。何を考えているのか…。
って、わーん。
変なところで間が空いてしまってスミマセン。続きは早めに更新したいと思います。


オススメ、ありがとうございます~~!
小説って好みの問題なので、とにかく人気作を上から当たるより、同じような感性の方にオススメを教えていただくのが一番だと、つくづく感じます。
キャラとかシチュエーションより、文体というか、作品そのものに惚れる方なので、検索では限界があるんですよね~。

やはり廣瀬さん、怜奈さんのサイトや「王の帰郷」はチェック済みですかー^^ 面白いですよね~!
emergenceさんは、紹介記事にも書きましたが、あまりにも面白すぎて、勿体無くて読めません~~。(好きなものをとっておきたい派です…笑)
「囚」も途中まで読んで、「ああ、もったいない。あとで読み直そう」と思って、やめてしまいました(笑)
cocktail breakさんもスゴイですよね。紹介文が上手ですし、「あ、これ面白い!」と思ったお話は、ほとんどこちらで紹介されています。

教えていただいたサイトさん、どこもチラっとお邪魔させていただきましたが、面白そうですね~!
一番上のサイトさんは、私もつい最近知ったのですが、本当に好みです>▽<b 文章が本当に上手ですよね。
…やはり勿体なさすぎて、なかなか読み進められなかったりします(笑)

教えていただいて、ありがとうございます! にへにへと読み進めていきたいと思います♪
学生みたいな長い夏休みがあれば、朝、本読んで、昼、ウェブ小説読んで、夜、自分の話を書く…という夢のような生活が送れるんですけどねー。
週末は、ANAホテルのプールでのんびりとカクテル片手に写真集なんか見てて、気が向いたらダニエル・クレイグみたいな彼氏と泳ぐ…。
あああ、また妄想…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RE: シークレットコメントいただいたRさん

こんにちは~!
コメントありがとうございます♪

そうですね、思っていたより多くコメントをいただけました。ありがたいことです~~。
ううう、どの人物にも愛着があるので、そうおっしゃっていただけて嬉しいです!
スタンリーとかは、お話の役目上はかなりテキトーな立ち位置になってしまってますが、注目していただけて嬉しいです。
グレン…いまのところ弱いものイジメしかしてない、ただの悪役ですが…。今後、もっといいところが…あるかな…(笑)
そしてルーク…時の砂に埋められて、記憶の墓標立てられちゃったのは、むしろ彼ではって感じが…(汗) 
「山間~」が終わったら、「王都~」を再開する予定です♪

おっしゃる通り、グレン、もやもやしているところですので、レジーナさんと鉢合わせになったら…まあ、予想通りですね^^;

ロデリックは、そうなんですよ。相変わらずなんでしょーか。何か事情があるのでしょーか…。
そしてポール! シェリルでさえ名前覚えていないのに、覚えていただいてありがとうございます!
ヤツといい、いい身分のロディといい、男ばっかいい思いしてますが…。小国はつらい立場ですねえ。

そして、お知らせありがとうございます!
ぎゃー、女だから負けてくれるなんて、なんてフェミニストな傭兵なんでしょーねー(泣) グレン・ニコラスも見習え。
…じゃなくて、直しておきました。m(_ _)m
推敲した本文をコピーしてるので、本文も間違ってたんですよね。恥ずかしー!
それにしても、あちらも目を通していただいて、ありがとうございます~~♪♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コヨーテは酷い男。グレンはズルイ男って感じで、いいですね。

RE: シークレットコメントいただいたMさん

コメントありがとうございます~!
何度も読み返していただくなんて、勿体無い…!!
誤字脱字が実はぽろぽろあるんですが、それも読み返していただいているということで…ハズかしい~~。近々まとめて直したいと思います。

7話でシェリルが差していた人は、その内明らかになりますが、ご想像の通りです。ちょっとフビンですね。
コムスメ時代から、色々と考えちゃう性格でしたが、一人で放浪して世の厳しさを知ってからは、さらに冷めた感じになりましたねー。
色々と諦めた上で、自分なりの幸せを見つけていたつもりでしたが、領主は出征するわ、留守中に軍隊は入ってくるわで、どどどーっと混乱の渦の中に放り込まれちゃったみたいです。
壁を越えないと強くなれないので、頑張って欲しいですね~。(また他人事…)

二章はあと2話の…予定…ですが、もうひといき、頑張ります!

RE: 8/21に匿名でコメントいただいた方

そうですねえ~~。

酷い男&ズルイ男。まさにその通りですね。
ほかにもケチで冷血とか、エロくてバカとか、欠点上げればキリがない人たちなのですが…。
逆にいいところ探す方が難しいです^^;
普通のお話ですと、悪役として出てくるようなヤツらですので、面白がっていただければ幸いです♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RE: シークレットコメントくださったDさん

はじめまして。
読了&コメント、ありがとうございます♪

イッキ読みなんて、ありがとうございます…!
シェリルは複雑な性格なので、なかなか感情移入しづらいと思うのですが、なりきって読んでいただいたなんて、嬉しいです。
予想通りの夢の無い結末でごめんなさい~~(>_<)
入れ込んできたお話が、悲しい結末を迎えるって、結構ショックですよね。
私も「なぜーなぜーなぜー(泣)」とか思いながら、受け入れるまでに時間がかかったりします^^;

「山間~」二章は、シェリルの後日談として読んでいただこうと思い、ロデリックはかなり曖昧な存在にしておりました。
ロデリック=コヨーテにそっくりだけど、性格は正反対の優しい人…という、立ち位置にしておきつつ、一章ではそれとなく伏線張ってたりして(笑)
ほんとに、欠点あげるときりがないので(笑)省略しますが、弁解の余地一切ナシ! ってぐらいのダメ男ですよねー。
でもかっこいいだなんて、ありがとうございます。
シェリルも彼に惚れつつも、うしろ頭ひっぱたきたいと、毎回思っていたことでしょう。

コメントいただけて、とても嬉しいです。
更新が滞っていて申し訳ないです~~m(_ _)m
今週末には更新する予定です。
「山間~」の方は、群像劇になっていて、シェリルもその中の一人という存在なので、もどかしいところもあると思いますが、引き続きお付き合いいただけると幸いです♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RE: シークレットコメントくださったMさん

早速コメント、ありがとうございます~!
13話と14話を週末、一度にアップする予定だったので、更新記事をブログに載せていなかったのですが、14話は断念しました…。
早々と読んでいただいて、ありがとうございます!!

グレン君の独り言とレジーナさんとの口ゲンカが長くなりましたね~^^;
ちょっと削ったんですけど…だめでした。とほほ。

ご理解いただいている通り、人権条約などは無い世界ですので、戦争で勝ったらやりたい放題。略奪こそ戦争の目的だったりします。
史実の中世よりは、もう少し文化的な世界をイメージしてるのですが、その辺はやはり変わらないような気がします。
そんなわけで、大公とグレン君の措置は、あの世界の中ではかなり人道的な配慮なんですけど…。
背景世界を描写しなかったので、そのあたりが分かりづらかったかもしれませんね。ううーん、難しいです。
一章・二章は、オッサンと奥様、侍女と副官の人間関係に絞ってますので、出来事の背後関係はあまり出てきてないんですが、そのあたりもいずれは詳細が…。
確かにレジーナの言ってることは正論なんですけど、圧倒的な力に対しては無力ですねー。
グレン君の言ってることは、開き直った屁理屈に他ならないんですが、背後に武力があるとなると、もう反論できません(泣) 厳しい世界です。うう。

レジーナさんは非常にまっすぐで、きっぱりしてる人なんですが、時にはそういう気性も、無神経に働くこともありますよね。
自分の汚れたところを見つめて悩んじゃっているシェリルと比べると、レジーナさんは毅然として見えますが、それは汚れたところが無いわけじゃなくて、見ないようにしているだけなので。
今回は、そんなレジーナさんのきっぱりした長所が、微妙に欠点に働くこともあるというところを垣間見ていただけたらと思ったので、読み取っていただけて嬉しいですm(_ _)m
「女はこうあるべき」「こうに違いない」というレジーナさんの正義感に満ちた思い込みこそ、シェリルを悩ませているんですよね…。

確かに、レジーナさんのエッチスキルとモラルは、少女趣味的かもしれないですね~。
初めての恋人はダンナ様なので、それまで夢見る時間がありすぎたというか…。
他方、シェリルは16歳にして、変な男に引っかかっちゃって、何年もぐるぐる振り回されたので、そのあたりはレジーナさんより達観してますね。いいんだか悪いんだか(笑)

わーん、変なところでブチっと終わってすみません。
14話を早めに更新します!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。